新着Pick
1510Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
堀江さんがおっしゃる通り英語はとにかく話してみることが重要です。
英語は話せば話すほど、自発的に話せるようになりたいと思うようになるからです。
私も学生時代は英語の勉強は大嫌いでしたが、海外で英語を使ったら、もっと上手く話せるようになりたいと思うようになりました。
記事に書いてある通り英語の使い道を考えるといいです。なぜ英語を勉強するのかという大きなWhyを考えて勉強を始めましょう。
そして、いろいろな生徒さんを見ていますが、大人になってから勉強しても決してネイティブのような発音にはなりません。ネイティブになろうとしないで、小学生レベルでも良いのでドンドン話すと良いと思います。
ネイティブのようにはなりませんが、しっかりと続けていたら必ず話せるようになるのが言葉です。
この記事を読むと英語を勉強したくなるので、背中を押してくれる良い記事だと思います。
語学が大人になると習得が難しいのは、脳ということもありますが、子供のように平気で間違い続けることを恐るからですよね。

習うより慣れろです

とはいえ、大人の場合、ここは気をつけたほうがいいです。
語学は練習量が物を言う世界ですが、どんな本を読むか、誰と付き合うかで、ボキャブラリーや、使うフレーズがかなり違ってきます。

この記事のが言うエグジット、目的を設定したら、その目的にふさわしいボキャブラリーや言い回しを身につけられるようにしましょう。そうすることで、後戻りしない英語力が身につくはずです。
ネイティブのように話せる人は圧倒的少数派。

大敵は、恥ずかしさ。でも、大丈夫です。そもそも英語を話している人の80%がネイティブではないんだから。違いは、伝える気持ちの差。

アジアの人たちはもちろん、フランス人やイタリア人だって、けっこうな訛りで話していますよ。

一番嫌なのは、帰国子女のように流暢な英語の日本人の前で話すことですよね。海外に行けば、ブロークンな英語を話してる人も結構いるのでは。

ちなみに、表情や身振り手振りも大事です。
本当に、本当ーに!
堀江さんがおっしゃる通りだと思います。

日本人は、他国の人と比べて、文法を気にしすぎだと思います。
それがゆえ、喋ることを恐れている人が多い気がします。
わからない単語は、look like 〜、kind of like 〜 で大抵伝わりますし…!
例えば、過去形の話をしていて、didではなく、doを使ったとしても、絶対に理解してもらえます。

喋ることを恐れると、自然と耳にも蓋をしてしまって、ヒアリングもできなくなってしまいます。

グローバル化が進み、ビジネス用語も横文字が乱用されるようになり、企業によっては英語が社内公用語、話せて当たり前だなんて流れにもなっています。

今後、英語はさらに必要な言語になるのは間違いありません。
習うより慣れろ❗️と言います。
とにかく使わなければ英語は上達しませんね。
そして、慣れるチャンスは自分で作るようにチャレンジしましょう!

ですから↓の海外旅行は一人で行くことに意義があります。
日本語を話す人が一人もいない状態に自分を追い込んだら、きっと得るものはあります。

余計なものに投資する余裕があるなら、海外旅行にでも行って、英語圏の生の会話に触れるほうがマシだ。
インターナショナルスクールで英語を教えている妻にタイトルを見せたら

「いかにも」

と言っています。
ホリエモンの言う通り!

アメリカ人やイギリス 人はバカでもみな英語話しますし、日本出ると、「沈黙は美徳」ではないので、筋トレや ダイエットと同じく、まずはやってみて継続したものの勝ちです!
尤もかと。ただ、リスニングとスピーキングがほぼ完璧にできないとビジネスの世界だと厳しい(交渉できない、カンファレンスに呼ばれないetc)のでそこを磨くことは引き続き大事だと思いますazs.
「慣れ」でしかないですよ。
慣れるためには継続が必要なんですけど、継続出来ない理由は「目的意識」の欠如だと思いますよ。
だから、①きちんと目的意識を持つか、②強制的に慣れを得れる環境を作るかの2択ですね。

堀江さんがこんな本出すんですね、なんでなんですかね。流行ですかね。
米国に1991年から大学留学から在住しています。
当時は『英語』は話すという目的から、数年では自身が伝えたいこと、発信する為のツールだと意識に変わりました。

言葉とは確りと話すことも大切ですが、何を伝えたいのかが重要です。
株式会社動力(どうりょく、DORYOKU Co., Ltd.)は、太陽光発電システム等を中心とした住宅用設備の施工を行う会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.59 億円

業績