新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ダウ+0.01%、S&P500-0.27%、NASDAQ-1.61%。
指数によって強弱が分かれ、特にNASDAQが見出し・記事にあるように下落。NASDAQは5月3日の直近高値8163ptからー10.2%(ダウ直近高値は4月23日でー6.9%、S&P500は4月30日でー6.8%)。
10年債利回りが昼過ぎからまた低下しー0.05ptの2.07%と下落が止まらず(ブラード・セントルイス連銀総裁が利下げ示唆)、ドル円は0.3円ほど円高の107.95円と108円割れ。ただ日経平均先物は+50円ほどになっている(あとダウ先物が+80ドル)。個人的にはドル円の108円割れや、これまで相場をけん引してきたテック系が大きく崩れたことが象徴的で、ポジションを張っている人も多いところが崩れるとその勢いが続いていくこともあって、まだまだ波がきそうに思うがどうなるだろうか。

業種別には素材+3.42%、エネルギー+1.37%、生活必需品+1.32%など8業種が挙げる中で、通信サービス-2.79%、テックー1.76%、消費財ー1.18%の3業種だけが大きく下げた(ただ構成比も大きく、S&P500もマイナスに引っ張った)。
個別では化学大手Lyondellbasell +4.63%やEastman Chemica +4.10%、工業ガスLinde +3.73%、また小売・消費財でTarget +3.11%やKraft +3.04%などが上昇。一方でFacebook -7.30%、Alphabet(A) -6.1%、Twitter -5.52%、Amazon -4.52%、Salesforce -3.90%と大きくテック系代表銘柄が下落。なお、MS-2.75%、Apple -0.84%と相対的には粘っている。

なお、昨日発表された経済指標では、ISMがジワジワ低下を継続。52.1と市場予想の53.0も下回った。
https://jp.investing.com/economic-calendar/ism-manufacturing-pmi-173
米国株はダウが小幅反発、ナスとS&Pが続落と主要3指数まちまち。米国株の中でも年頭からのじり高をけん引してきたナスダックの調整色が色濃い相場つき。水準としては3月につけたじり高中の一時調整の安値付近ですから、一旦のポイントとしては頃合いかもしれません。ただ、ここで下げ止まってリバウンドがあっても、それでもなおまだ調整局面から抜けると判断するのは時期尚早でしょう。
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
183 兆円

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
187 兆円

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
104 兆円

業績