新着Pick
170Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この連合の中で、日産はどのような位置付けになるのか、ルノーとの連合といっても実質は貢献しているのは、日産だから日産の経営陣は残れるのかとか、、より複雑な構図になってきた。また、ルノーと日産ですらうまく統合されていないのに、そのうえに、フィアットクライスラーが被って、さらに混乱するんじゃないだろうか
北米では、日産とクライスラーの高級車部門とトラック部門が競合。

欧州では、ルノーとフィアットのコンパクトカーセグメントが競合。

利益の柱と台数の柱がここまでコンフリクトすると、提携の成果を刈り取るまでに、非常に時間がかかるだろう。

また、4社連合の経営マネジメントは、気が遠くなるほど難しそう。

内部調整のコンフリクトも避けられない。
粛々と進みますね。

日産は蚊帳の外で。
元々ルノーの関与が弱まるのを望んでた訳ですしね。
https://newspicks.com/news/3930864/
ゴーン氏の最大の強みは、アライアンス時の三社間での絶妙なコミュニケーションの取り方だった。国籍や言語のことに加え、欧州含めた各市場を理解し、的確な経営判断を下せるアライアンスリーダーが今度は誰になるのか。これがもっとも重要な点だと感じますazs.
50:50でとのことですが、どちらも覇権をにぎらないので意思決定コストがさらに増えるようにも感じます。まだ暫定なのもあるでしょうが。日産株が順調に上げていかないのも先が見えない不安もあって?
ルノーはかなり前向きにこの案件を進めようとしている。きょう、日産、三菱と三社会談が予定されているが、どのような内容が伝えられるのか。日産の西川社長は表向きは好感を示しているが、本音のところはどうなのだろうか。
この合併の最大の焦点は統合後の北米市場をどうするのか、である。日産にとってはチャンスでもあり、ピンチでもある。ただしチャンスを掴むならルノーとの経営統合を進めなければならない。今の日産にそれができるか。

1+1が1.5にしか成らなくてもその1.5を誰がコントロールするのかが問題だ。
日産の現状を考えると、ルノー&フィアットの統合案に賛成する以外に会社を存続させることが難しいように見えます。ただもし西川さんが提案を拒否すると、トヨタグループへ参加するしか道はないのでは。
欧州における覇権争い勃発かな。ルノーとフィアットにとって、ドイツは目の上のたんこぶ。EU委員会も混沌としている。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
1.59 兆円

業績

ルノー(Renault S.A.)は、フランスのパリ近郊のブローニュ=ビヤンクールに本社を置く自動車製造会社。 ウィキペディア

業績

三菱自動車工業株式会社(みつびしじどうしゃこうぎょう、略称:三菱自動車(みつびしじどうしゃ)・三菱自工(みつびしじこう)、英語: Mitsubishi Motors Corporation、略称:MMC)は、日本の自動車メーカーである。1970年に三菱重工業から独立した。2003年にはトラック・バス部門を分社化(三菱ふそうトラック・バス)。 ウィキペディア
時価総額
3,010 億円

業績

業績