新着Pick
96Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
AMPさんに“グローバル人材”について、取材いただきました👀✨

今回の取材は、「英語話せて幸せだよね」に対する怒りツイートを見ていただいた事がきっかけでした...

私はアメリカで育った帰国子女ですが、よく「帰国子女は英語話せていいよね〜。(ずるい)」って言われます。

でもね、英語話せるだけでは何にもならないんですよねぇ...(笑)

話せるだけじゃなくて、相手から信頼されるための見た目や言動やら、色んなチューニングアップで始めて英語力が効いてくる...

そんな努力も分からず、ただただ、英語話せる事が幸せだと思われた事に、違和感を覚えています(´・ω・`)(´・ω・`)

今回はその違和感を深掘りしてみました!

そもそも「グローバルってなんだろうか」から始まり、どうしたらグローバルでも戦える人となれるのか...

ぜひご覧くださいませー🦄✨
人気 Picker
東大 故三宅なほみ先生の学習科学プロジェクトで衝撃を受けたスライドがありまして。「21世紀に必要なコミュニケーション能力は?」みたいなスライドなんですが、発信とか受信のスキルでなく「伝えたいことを作り出せること」と書いてあったんですね。

でも、確かにそうで、伝えたいこと(例えば大好きなゲームや映画やスポーツのことなど)があれば、日頃のコミュニケーション苦手な子もすごい話してくれることってありますよね?
伝えたいことがあれば人のコミュニケーション能力は自然と引き出されるはずだという、学習科学のメカニズムです。

これは英語でも同じです。英語力だけ鍛えても片手落ちで、英語で伝えたいことを作り出すことが重要。そのためにはまず、グローバルの最前線で仕事する機会作るのが一番良いと思います。

アリッサさんは弊社のテクノロジア魔法学校を「伝えたいこと」と決めて、グローバルの最前線にすでに立っています。英語を話すだけには終わらない、彼女の活躍にとても期待しています。
学者では有利なのは確かですねぇ、エイゴできると 同じレベルの研究者なら、高品質のエイゴ論文を書く時間が半分ですめば、生産性に随分と差がでます 同じレベルの教育者ならば、高品質のエイゴ授業を準備する時間が半分ですめば、生産性に随分と差がでます 道具を上手く使えれば、そうでないより当然シゴトは速くできますねぇ、それが道具の機能なのですから エイゴが道具である、非英語圏の多くの方々にとっては、これが当てはまりますねぇ

何人もいらっしゃいますよ、この方エイゴがもうすこし出来れば、ずっと広く認められるのに、という非英語圏研究者の方々 ニホンにも ソレは大変モッタイナイと思いますねぇ

ワタシの研究室に客員でいらっしゃる方々には、時間の許す範囲で、ワタシが書き直して差し上げます(結構タイヘンなんですよ、コレも)
指揮者は、語学に堪能で4、5ヶ国語は話せる方が多く人間離れした方々なのだと思っていたのですが、様々な国で言葉もろくに分からないのに指揮台の上に放り込まれる経験を積んでいくと、言葉が分からずとも何とかしてオーケストラをまとめ上げていくという不思議な力が身につくらしいことが分かってきました。

伊、独、英語もフランス語のレベルまで持っていきたいと思ってはいますが、言葉に頼らないコミュニケーションというものにも、とても魅力を感じています🦍❤️
海外でビジネスして6年です。英語も元から出来ますが、この6年間失敗しかないんじゃないかな?ってくらい失敗ばかりで、成功といえるのはほんの僅かです。
日本語を英語に変換して伝えるだけでは勿論ダメで、英語でのコミュニケーション、もっと言うと人種・国籍などを理解して変えていく必要があると感じています。
まだ何も分かっちゃいないのですが、一つだけ言える事は、日本が特異なのだという事で、その事がとても誇らしくもあり辛くもあります。
大昔、ロスに留学したての頃、クラスメートに「お前の英語はわかるが、言ってることが冗談なのかマジなのか見分けがつかない」と言われ、あ、英語が話せるかどうかよりもトーンや話ぶりがコミュケーションにおいてとても大事なんだなと体感したことを思い出しました。
英語をどこまで完璧にしようとも、その国の人には勝てない。だからどう勝つか、を考える訳だから、語学が日本人の中でできるからといってアメリカで通用するという甘い世界ではないんですよね。

それにアリッサさんが言われるように誰に聞いて良いかもわからないから、もがき苦しみ、余計な失敗を日本人として無駄に繰り返してしまう、そんなの本当に勿体ないです。

こういう世界を変える上で、アリッサさんの発信やこれからのチャレンジはみんなで応援したいですね。私も出来ることは少ないですが、応援してます!
いい記事。そしてLA。

日本でも今では英語を話せる人が珍しくなくなったと思いますが、話せる=コミュニケーションが取れるではないと思ってます。旅行英語でお決まりのフレーズだけ話せても(今の僕)、生活に不便はないが、熱エネルギー込めた話はできない。自分の偏愛をボキャブラリ+スケッチや身振り手振りで伝える努力が欠かせません。
否定されても突き進むくらいのこだわりは必要。絶対にこだわりたい部分っていうのが、自分だけの強みになる気がする