新着Pick
274Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
セオリーは全くその通りだと思いますし、その思想に惹かれて入社しました。
データがある上で、直感的な判断・意思決定をすること。そして、その決定が必ず顧客に寄り添っていること。
問題は口で言うのは簡単だけど、戦術にウルトラCはなくて、地道にテストを重ねて実践していくしかない。現場の胆力が求められるのを、最近現場でご支援させていただいていて実感しています。
Adobeがサブスクを開始する時、投資家向け説明で、
「サブスク化して売上を計画的に下げます。売上が下がることは、売り切りモデルからサブスクモデルに顧客が移行している兆候であり、良いことです。」
的なことを宣言したそうな。そして、株価が急落してもサブスクを貫いて、今の成功がある。
そういうリスクを取ることが経営者の役目なんだろうなと思う。

=参考=
サブスクリプション――「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル
https://www.amazon.co.jp/dp/4478105529
ほぼ独占的な市場を持っていたAdobeだから言えること、やれることというだけなので、他社は真似しない方がよいですよね。完全な特殊解です。
Adobeはデータを重視している企業だと思うが、判断における直感の重要性の強調が銀賞的。
データを重視している企業だからこそ、何ができるかできないかについて組織としての経験値・経験知も多いのではないかと思う。
軽視もせず、盲目的に信じることもせず、活用をする。

『顧客を考える際、どんな動機でどんな意図を持っているのか、どんな振る舞いをしているのか、微妙なニュアンスに至るまでが重要なのです。各個人が何を成功とするか、どんなことに価値を感じられるのか、つぶさに考えていかなければなりません。ただしその際、データが重要なのは確かですが、それだけでは『顧客が次にどこへ向かうか』はわからない。業界や市場動向への洞察や顧客インサイトなども加味して、最終的に判断するのは“直感”なのです』
ライセンス版の「売り切りモデル」からサブスクリプションモデルへと転換するにあたって、社員に大きく意識変革が起こったのは、「売上とアップグレード」への注力から、「顧客エンゲージメント」にフォーカスするようになったことだったとラムキン氏は語る。
製品力を持っていたAdobeは、ブランド力とシェア維持のために進めたことではないかと思う。そして結果としてそれに成功した、と。サブスクリプション化はサービスによっては独占にも繋がる側面があるので、下手な手の出し方は自分の首を絞める気もする。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。 ウィキペディア
時価総額
122 兆円

業績

Spotify(スポティファイ)とは、スウェーデンの企業スポティファイ・テクノロジーによって運営されている音楽のストリーミング配信サービス。2018年現在、1億7000万人(うち有料会員数7500万人)のユーザーを抱えており、音楽配信サービスとしては世界最大手である。パソコン・スマートフォン・タブレット・ゲーム機などのデバイスに対応しており、日本では2016年9月にサービスが開始された。 ウィキペディア
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
14.0 兆円

業績

業績