新着Pick
36Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国株は主要3指数揃って続伸。前々日までに4月の上昇局面で開けた窓を埋めきったこともあって、前日に続いてリバウンド。ただ、取引時間中の振れ幅が大きく、まだ調整の先は長いであろうことを感じさせる相場つき。決め打ちはせずにあれこれ想定しながらじっくり観察するには良い時期かと思います。
NYダウは前日比+115.97ドルの25,648.02ドルで終了しました。

トランプ政権が輸入自動車に対する追加関税を検討している問題について、トランプ大統領が判断を最大6カ月先送りすると報じたことを好感したようです。
https://newspicks.com/news/3897693
ダウ+0.45%、S&P500+0.58%、NASDAQ+1.13%。
マイナススタートだったが反発継続。ただ債券は上昇が続いていて10年債利回りがー0.04ptの2.37%となっているのは気になる(昨年も株高債券高の後に株安が来た)、利下げ期待の高まり?ドル円は昨日15時109.6円→日本時間22時あたり109.1円台だったが109.55円まで戻った。日経平均先物は微減で約30円安、米株の戻りに対して鈍い。

業種別には通信サービス+2.11%、テック+0.98%、生活必需品+0.80%などが強く、マイナスは金融ー0.48%、素材ー0.24%、公益ー0.14%の3業種。
個別ではAlphabet +4%前後(A/C種株で少し変動が違う)、Facebook +3.07%、Netflix +2.71%、Twitter +2.63%とネットサービス系が一気に反発。あとはCoty +9.65%、AMAT +3.72%、Uberも反発継続で+3.35%。マイナスではAgilent -11.01%、Gap -1.97%、Salesforce -1.90%など。あと引け後ではEstee Lauder +8.84%となっている。
見出しにあるように自動車関税の判断を先送りする報道があり、自動車株は上昇しているが、GM +0.89%、Ford +1.17%という規模で、ネット株の方が上がっている。