新着Pick
239Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新しくもなんともありません。住むということと、泊まるということの差がなくなってきているから、当たり前のことなのです。

追加 質問コメント

NAKAJIMA NAOTO氏のコメント「 米国の場合は、住居を宿泊施設として紹介することは法的にできない 」という点についての質問があります。

紹介はできないけれど、貸すことは可能なのかどうか、という点がよくわかりません。つまり、個人財産である住居を人に貸すことを禁止することは、財産権の侵害になりますから、米国(たぶん自治体)の法令で禁止することの方が困難なような気がします。次に、住居として貸すことができるとすれば、宿泊場所と住む場所の法的な差をきちんと説明することもこれまた極めて難しいような気がするのですが、具体的に立法例を知りたいと思います。
移動しながら泊まれるキャンピングカーみたいな物がもっと普及してほしい。もはや留まって泊まる意味がない。太陽光発電しながら、日本縦断をその車を使って旅するとか国内もそうだけどグローバルのミレニアム世代へのニーズとしてはかなり刺さりそうな気がするんだけど。
ホテルと民泊の境界線はもちろん、ホテル・民泊と賃貸住宅の境界線すらあいまいになる動きもありますね。

インドのホテルチェーン大手OYOなどはその代表例かと思います。

日本上陸!インドの若きホテル王が語る「孫正義の教え」
https://diamond.jp/articles/-/198656
ベンダーが勝手に決めていたビジネスの境界はユーザーからすると意味はない「ホテルとホームレンタルの境界線があいまいになる中、顧客体験をけん引する要素は変わらない。それは、豪華でプレミアムで、カスタマイズできる体験ともてなしだ」
AirbnbとMarriottは、目指すビジョンが違うので、境界線は明確です。この記事を書かれている方が、その境界線を見えないとすれば、そこが課題でしょう。

基本的にホテルと民泊は、提供するサービスが違います。それを価格だけで判断したりすると、こんな感じの分析になってしまうのかもしれません。

業績

Airbnb(エアビーアンドビー)は、宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトである。世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している。2008年8月に設立された、 サンフランシスコに本社を置く、非公開会社Airbnb, Inc.により所有、運営されている。 ウィキペディア