新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
“銀行はレガシーと言われます。「レガシー」とはその業界に長らく身を置いているということです。銀行は景気が悪くなるときを見ました。銀行は戦争も経験しました。銀行はあらゆることを経験してきたのです。このような記憶と歴史があるため、銀行は未来を予測したり、最悪の事態に備えるのに有利です。FinTech企業はこのような経験を持っていません。これが銀行の強みです。 “

雑感ですが...

・最近、中国発の新しい金融サービスが生まれています。アメリカよりも、中国を観察した方が最新のトレンドがよくわかる、という声もあるほどです。しかし、一見新しいと言われているモデルの中には、リーマンショックを引き起こしたサブプライム・ローンと本質的には同じではないか、と感じることがあります。最新のものに盲目的に飛びつくのではなく、もう少し長い目で、観察し、判断した方が良いのではないでしょうか。

・「銀行があらゆることを経験してきた」のは事実ですが、それを記憶しているとは限りません。だからこそ、ドットコムバブルの崩壊や、リーマンショックが起きたわけです。バブルが繰り返し発生する背後にも、銀行が大きな役割を果たしてきました。

そういった意味では、銀行とFinTech企業という二項対立は思考の整理には役立ちますが、あまり本質ではなく、個別のサービスのレベルで議論した方が良いように思います。
銀行にはレガシーだからこそ持ち得るものがあり、その魅力が大きいことが書かれている。やはり、スタートアップと大きな銀行が協力してお互いを尊重しあい、サービスを作ることが最短の道なのかもしれない。
バークレイズ(英語: Barclays PLC)は、イギリス・ロンドンに本拠を置く国際金融グループ。リーテル、ホールセール、投資銀行部門のみならず、ウェルスマネジメント、モートゲージ、クレジットなど幅広いサービスを提供する。現在は4つのコアビジネスにより構成される。 ウィキペディア

業績

業績