新着Pick
421Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
残業時間をへらせ!
→時間的に業務量が多い!業務量減らして
→→残業時間まだ多くない?減らそうか
→→→時間的に業務が終わらない。業務量減らしてもらうしか

もはやスパイラルに陥る未来しか見えないです。
人気 Picker
残業代を収入の補填にしていたというのは実際に経験がありますが、残業代を稼ぐために残業をしていたわけではなく、定時では収まりきらない仕事量だったからです。仕事量が変わらないまま、残業代が抑制されては、このような悲痛な叫びは当然でしょう。

そもそも働き方改革の大目標は少子化対策だったはずです。
男性の労働時間・家事育児への参加時間と第1子、第2子、第3子誕生に関連があるとされているからなど。
また同時に教育の無償化や保育所の整備など、子育てを行う環境を整えているように見えます。
ただ、国民にはそれぞれがバラバラの政策に見えるし、徐々に変えていっているので歪みが大きく、目指すべき社会像に至るまでの痛みが大きい。加えて、目指すべき社会像が一般国民にまで浸透しているとは言えないと思います。
コミットメントが低い状態での変化は先の見えない将来と今日明日への痛み。
産業の業務効率化、生産性の向上、企業側の体質変化も同じように進んでいる感がほしいところです。
そもそも論としては「残業代目当てで残業するのはおかしい」し、「残業前提で仕事が組まれているのもおかしい」のですが。
とはいえ、働き方改革で得したのは残業代が減った経営者、という笑えない話があるのも事実。一番大事なのは、業務量を減らすことではなくて「業務を見直すこと」です。本当は必要ないけど昔からやっているから続いていること、ツールを入れて改善できることなどを無視して、とりあえず早く帰らせなきゃいけないから帰らせる、でも仕事は今まで通り頑張ってね・・では何もよくなる訳がありません。

やらないことを決め、給与は残業代込で据え置きにし、その上でどう生産性をあげていくのか。細かい改善の積み重ねは今までもやっているので、それ以上の”何か”は必須だと思います。
「残御題をあてにして生活する」
というのは、本来異常な状態です。

残業代を除いた基本給や手当で生活できるよう「やりくり」するのが本来の姿。

それで生活が苦しいのであれば、団体交渉などで「賃金アップ」を要求するのがスジでしょう。

会社内に労組がなければ、合同労組に相談すればいい。
(合同労組は各地域にあり、組合のない会社の従業員などの相談に乗ったり団体交渉や労働委員会への申立などもしています)

正当な権利を法に則った形で要求する方がきっちり決まるし、後腐れがありません。
典型的な働き方改革失敗例ですね。
ただ、不満を愚痴っているだけでは、意味ないですよ。困り毎や嫌なことは誰かが解決してくれると思っていないで、自分で行動しないと駄目です。働き方改革はボトムアップが鉄則。どう有るべきかをちゃんと上に提案しましょう。
業務量が変わらないことを嘆く前に
- 本当にやらないといけない業務なのか
- RPAやクラウドサービスを使って業務量を減らせないか
- 秘書サービス等クラウドソーシングの利用はできないのか

等を考えて時間を減らすして、給料を上げるのはどうだろうか。せっかくなので受け身の働き方改革ではなく、前向きな働き方改革を
働き方改革が、「残業を減らす」ととらえられてしまうとそもそもの目的を失いそうです。企業側・労働者側双方の働く意識と企業側は残業減らすことの啓蒙ではなく、他の働き方改革の施策とセットにしないと意味がない。
残業をしないと業務が回らない仕事量なら企業が人材を増やすか業務量を減らすかしないといけないし、業務量が変わらずに時間内に収められるならそもそも時間内に終わるものを残業してた事にもなるかもしれないし、残業が無いと生活が出来ないならそもそも収入に比べて生活レベルが高いのかもしれないし、企業側も従業員側も一方的に考えずに双方の立場で解決しないといけないと思う。
仕事のスピードを上げて定時内に終わらせる→生産性が上がって評価される→昇給する→これまでの残業代以上のベースサラリーを確保する。
という発想にならないものか。

以前からNPでもコメントしてきましたが、一定数の方が生活代を残業代で賄っている人がいると思っていました。

残業代分のある閾値までをベースサラリーにオンして残業代制度自体をやめてしまった方が良いです。
残業代が払われないと分かれば、いっそ、仕事の効率を上げて定時に帰る人が増えるのではないでしょうか。
残業代が前提の生活設計ってのもどうかとは思うが、残業できないので早出してるなら、時間外労働なので払われるべきではと思う。
業務が本当に効率よく行われて収まらないなら減らすべきだとも思うけど。
その時間、5万で買えないんだから存分に一度きりの人生をアップデートしようよ!
新着記事一覧
経団連会長に十倉氏=住友化学出身、6月就任―中西氏、療養で途中辞任
時事通信社
2Picks

中西経団連会長が辞任=入院中、後任に住友化学・十倉氏―午後決定、6月1日付
時事通信社
3Picks

ステイホームの時代、社会復帰を目指す引きこもりの人々が再び部屋にとらわれている
WIRED.jp
3Picks

自身が持つ能力をさらに高めるためのヒント|人生を豊かにするシンプルな方法論
ライフハッカー[日本版]
3Picks

8割が「キャリアの迷子」日本人。2つの国に学ぶ、なんだかしんどい時代の乗り越え方
Business Insider Japan
14Picks

ネットフリックスの採用面接で頻出、一流人材を見極める5つの質問
Business Insider Japan
3Picks

世界が注目、日本流「巨大IT規制」の先進性 オンラインモール、アプリストアに続きデジタル広告分野も対象に
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
4Picks

結婚後、突然別人のようにモラハラ夫と暮らした10年以上の「心が死んだ生活」
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
2Picks

甲子園が中止になった時、失意の高校球児たちを「保護者」はどう受け止めたか
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
2Picks

小・中学生の女子はなぜ「うち」という一人称を使うのか? その深すぎる理由
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
2Picks