新着Pick
316Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
気候変動、生物多様性の衰退が人間生活の脅威となることに踏み込んだ調査報告書であること、米国を含む132ヶ国が承認したことは重みをもちます。

一人ひとりにできること
①知る
・この記事
・最近観たおすすめは、ディカプリオとNational Geographicによる「Before the Flood」。とても分かりやすく、映像なので心に響きました
https://www.netflix.com/jp/title/80141928?preventIntent=true

・報告書サマリ(週末にでも…)
https://www.ipbes.net/news/ipbes-global-assessment-summary-policymakers-pdf

②行動する
・地球規模の事象について、自分一人が取り組んだところで何も変わらない…というモヤモヤした気持ちを持つ人も多いかと思います
・他方、"Doing well by doing good"(世の中にとって良い事をすること自体が、自分の幸せの一部となる)という価値観を持つことも可能
・そして、知る人、行動する人の数が増えることの着実な積み上げ効果は大きいです(あるコミュニティが行動を変えるためには、その25%が行動を変える必要があると言われています)

気負わず行動出来ることは、例えば
・不要なモノ/電力消費をしない
・私はGWで飛行機に車にと、温室効果ガスを沢山排出してしまったので、個人でカーボンオフセット(自分が排出した温室効果ガスを吸収するのに十分なだけの、熱帯雨林保護などの環境保護活動に、寄付をする)
基本的に生物的多様性が減る方向は絶滅の方向。
・過去100年間で生物の数が20%減。
・人類は『自然のために自然を救う』という観点から、生物的多様性を捉えていたが、実際には南北アメリカ大陸で自然界が毎年約24兆ドル相当の利益を人類にもたらしていると推定されている。
「人類の行動によって、史上類を見ないほど多くの種が世界各地で絶滅の危機に瀕している。およそ100万種がすでに絶滅しかかっており、われわれがなんらかの行動を起こさない限り、それは数十年のうちに現実のものとなるだろう」
薄々分かっていたことではありますが、個体種絶滅のペースは過去1000万年よりもこの100年の方が数十倍、数百倍早い。
今まで環境破壊がダメな理由は「自然界を守れ」的な話だと思っていた人が多いのではないでしょうか。
今回の報道ではっきり認識を改めなければならない事は、そうではなく、人類の利益のためだということでもある、ということ。他人事ではないのです。
"今回の報告書で明らかになったのは、生物的多様性は食料や浄水の確保といった人間の営みと密接に関わっているということです"
「山川草木悉皆成仏」。
動物のみならず、一本の草、一個の石に至るまで、あらゆるものに「いのち」の存在を見出す。その思想が、周囲の環境と調和しながら心豊かに暮らす我が国独自の文化を育んできました。

京都が誇る多彩な文化の礎も、まちの三方を囲む山々の緑、都心部を貫く清流に象徴される豊かな自然であり、そこに息づく多様な「いのち」です。

しかし今、国連の報告書にも明らかなように、生物多様性を取り巻く状況は厳しさを増しています。

自然を慈しみ、自然からの恵みに感謝し、日々の生活に生かす志と行動を多くの市民の皆様と共有しながら、かけがえのない「いのち」を守り、良好な自然環境を京都ならではの文化と共に末永く未来へと伝えていく。同時に、生物多様性を含め「海・陸の豊かさを守る」国連のSDGsの達成にも貢献していく決意を新たに。
こういうニュースを見ると人類史的に見れば日本の人口減は数少ない明るいニュースなのかもしれません。
実際日本の多くの集落が森に帰っていくでしょうし、大型哺乳類は増えています。
ゴールデンウィークに子供達と動物園に三回も行ったり、公園でてんとう虫がアブラムシに群がるのを一緒に観察するくらい生物多様性の恩恵を受けているのに、この問題については、「由々しき問題だ」くらいしか言えることがないなあ。

心意気としては、メーカーにいた頃は、それが直接生物多様性や気候変動に寄与する研究開発じゃないとしても、「俺がいいものを開発することは回り回ってはその手の問題の解決に繋がっている」と自分に言い聞かせてはいました。人は今の効率的な暮らしを捨てることはできないから、出来るだけその暮らしを効率的に便利にする方法を、省資源で実現できれば、生物多様性の向上に繋がるはず。と。
カンパニービジョンに「chemistry for a blue planet」を掲げる会社にいた、ということもありますし。
前提として、アレな素材はそもそも使わない、とか、製品の環境に与える影響は可能な範囲で見積もっている、とかの土台がある、というのはもちろんとても重要ですが。

まあ、ECの世界でも基本的には同じ心意気で仕事するしかないのかな、という気もします。

この問題を、虫さんが可愛そう、という切り口で伝えるのか、遠い未来の人類の食糧が、という切り口で伝えるのかは、個人的にはどちらでも、いいかな…
四季折々の自然を有する国だからこそ、この分野の議論と実行をリードしたいですね。事後処理ではなく、予防や改善がしっかりと出来るように。
あまりに大きな規模になり過ぎると自分ゴトとして捉えにくくなってしまうことはよくあります。地球規模だと問題意識は感じても自分の行動になかなか結びつけられないことが多くあります。個人的に考えるアプローチとしては2つ。

仕掛学のような、心地よい日常行動が普及する仕組みによって無意識的に影響力を高めるアプローチが有効ではないかと思います。

これからの世代に対しては、身近に生態系を感じられる教材の導入。市販もされていますが、魚の飼育と植物の栽培を同時に行える水槽一体型のキットなど。魚のフンなどを植物が栄養として吸収し水質を保つ。人為的な手入れを最小限に抑えて魚と植物が共生できるプチ生態系を感じられます。
人は自然とどう共存していくべきか。
風の谷のナウシカで宮崎駿さんが核戦争後の世界観を描かれたが、この自然界におけるレポートには、人類は事後処理しかできないという現実が示されている。
人工での代替により、益々本物志向化のベクトルが強くなることも十分予見される。
日本では過疎化の影響で獣害が増え続けてい(昔に戻ってい)ますよねー