新着Pick

連休明けの日経平均続落、一時250円安

日本経済新聞
10連休明け後初めての取引となった7日の東京市場で、日経平均株価の下げ幅が一時250円を超えた。米国による中国製品への関税引き上げ表明を受け、米中の貿易交渉が妥結するとの投資家の期待感が後退。景気敏感株などに売りが出た。
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
0925現在、約250円安の22010円。一応2万2000円は一旦保った形。
連休前金曜の決算の織り込みもある。下記が4月26日にざーっとみたもの。再掲しながら本日の株価を付け加えたものも。
総論としては、ソニーはプラスに捉えられ、電子部品や建機は、すでに出ていたいくつかの予想やマクロ的には既報だったものが改めて数値が出てくると下がるなぁという感じ。
今週金曜日が決算発表ピーク。そこで数値が出てきたものに来週月曜日どう反応していくか。
https://newspicks.com/news/3855019

【電機・電子部品】昨日のアドバンの予想に続きTELも厳しい。部品は微減が基本線だが利益はこれまでの設備投資負担などか減少が多い。ただTDKは他社に比べて強気。
ソニーは今期予想以上に、中計目標取り下げがどう捉えられるか。
TEL(株価-0.91%):売上1.1兆円(YoY-29.1%)、営業利益2200億円(-29.2%)
日東電工(-8.90%):7900億円(-2.0%)、850億円(-8.4%)
村田(-12.92%):1.58兆円(+0.3%)、2200億円(-17.5%)
TDK(-1.96%):1.42兆円(+2.8%)、1200億円(+11.3%)
ソニー(+4.76%):8.8兆円(+1.5%)、8100億円(-9.4%)

【機械・自動車】小松は日立建機が-8%減収-26%減益予想を出していたのでサプライズはないとは思うが…工作機械のオークマも設備投資動向は高水準持続ではあるが伸びない(現在は下がる余地もある水準だと思う)。トヨタ・自動車の決算は、減収減益で出てきそうに思う。

小松(-7.78%):売上2.617兆円(YoY-4.0%)、営業利益3370億円(-15.3%)
オークマ(-2.92%):2010億円(-5.1%)、240億円(-13.0%)
トヨタ紡織(-5.47%):1.39兆円(-1.2%)、530億円(-8.7%)
昨晩に米株がかなり戻しましたので、当初懸念されたほどは下がりませんでしたが、ここには明日からの米中協議への期待も含まれてますから、まだ余談を許さないでしょう。
(追記)9時半を過ぎた現在下げ幅を拡大。240円超下落し、22,000円近辺で推移しています。ドル円は110円70銭台となっています。

(オリジナル)9時過ぎの現在170円超下落し、22,080円台となっています。