新着Pick
624Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「私たちはチームであってファミリーではない」
この合理的な考えがスカッとしますね。

私の中で、チームは優秀な個の集合体、ファミリーは同じ考えに染まった1つの塊というイメージがあります。この違いを考えれば、チームでは仕事でバリューを出さないと引き留めてもらえないことも、ファミリーだからと自動的に認めてもらえるわけではないことも、自然に理解できます。
「会社はチームであって家族ではない」同意できる人もいるし、そうじゃない人もいると思います。それがいいと思っていて、”これ”が会社の哲学なんです。全員が同じ哲学をもつ(会社=家族、など)必要はないですし、自分が共感できる哲学をもつ会社に行けばいいだけ。

はじめにいい顔をしておいて、入ったらちょっと思っていたのと違った・・・なんて不幸よりよっぽどいいと思います。
「まあまあの仕事ぶりの人は、辞めてもらう」というインパクトの大きなタイトルですが、それが会社の哲学であり、表面の言葉だけではなくちゃんと読み解く、またはしっかりそこを聞きに行くことが大事です。そのあとに
「ただこれは、短期的な評価に基づくものではありません。「君は先週ミスしたよね。だから辞めてくれ」ということではないのです。」
と続いていますからね。
とても共感します。多くの日本企業は間違っています。家族のようなふりをしていざとなったら家族ではない、もしくは家族だと勘違いして経営しています。どちらでもないし、ドライだとは思いません。それが事実
"「私たちはチームであってファミリーではない」"
強く強く共感します。
「テクノロジー業界では、技術革新のペースがあまりに速くて、カルチャーが大きな差別化要因になってきませんでした。でも今、カルチャーの重要性がテクノロジーに追いついてきました。」
「私たちはチームであってファミリーではない」というメッセージはハッとさせられました。企業文化にあった仲間の関係性を構築できれば良いと思いますが、やたらとファミリー感を演出する企業が多いのも事実だと思います。家族のような無償の愛を共創しあう事はほぼ不可能だし、それを目指す為に莫大な投資をするくらいなら、本来あるべき関係性をきちんと見極めて、それに向けた投資をするべきかと改めて感じました。
クライマックスはここですね。

——
ホフマン 「私たちはチームであってファミリーではない」というスライドも印象的でした。

ヘイスティングス 強いスポーツチームは、選手たちの間に温かい交流があるものです。新しいチームメートが入ってきたら、進んで手助けするなど、歓迎の姿勢をはっきり態度に示します。
でも究極的には、スポーツチームにとって最も重要なのは、それぞれの選手がどれだけ素晴らしいプレーができるか、つまりパフォーマンスです。
コンテンツ業界はスポーツ業界のようになっていくはず。米国ではクリエーターとの数百億円の契約も珍しくありません。日本でも億レベルの例が出てくるのではないでしょうか?
大きく社会の構造としてとらえたときにやはり思うのは正解はないということです。
この考え方をすべての会社が導入したら大変なことになりますが、スポット的にみると共感できる点があります
今後ますます重要なのは雇用創出であり格差の拡大ではないと思いますが、どうもこの考え方だと公(おおやけ)の負担が増加するように思えてなりません
高度成長期はすでに終わっていてこれからは維持の時代、娯楽の時代が到来するといわれていて実際AIなどの先端技術により金融トレーダーなんかは実際に大量に解雇されているわけで、これ以上富を拡大させてどうするのかと思ったりもします
まったく個社の価値観なのでなんとも言えませんが。。。
採ったのもその会社なわけで。。。
傲慢にも思えます
会社と従業員は対等でなければならないと思うのです。
「キーパーテスト」は、オープンコミュニケーションによるフィードバックを大切にしていることが伝わってきますね。これはフィードバックにおいて、とても重要だと思います。ユーザベースでも6か月毎の評価サイクルの中で、中間の3か月のタイミングでこのままいくと昇格するのか降格するのかStayなのかを、オープンにフィードバックする仕組みを入れています。そこでお互いの期待をすり合わせて自己認識が正することができれば、次の3か月でリカバリは可能ですし、また突然言われたということもなく納得感をもって進められるように意識をしています。
経営の仕事はカルチャーと戦略作り、そして修正の繰り返し「「カルチャーが戦略をダメにする」という人もいますが、そんな言葉を信じるべきではないと思います。カルチャーと戦略のどちらもとても重要なものです。Netflixは、戦略立案にも多くの時間をかけています…カルチャーと戦略のどちらもうまくやれるよう努力しようではありませんか」
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア

業績