新着Pick
198Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
もはやゲーム機もディスクソフトもいらなくなるわけです。
そうすれば、ゲームショップやゲオのゲーム売買といった市場が縮小し無くなるかもしれないですね。

自分はモノとして持っていたい気持ちが強いので、サイバー空間で全てが解決してしまう世界が来てしまうのは何か寂しいものがあります。
人気 Picker
Googleにとっては、自分たちの資産、例えば、YouTube、Android、Chrome、大量のサーバー、そしてブランドを最大限活用できるので、戦いを有利に進めることができるでしょうね。なかでも、YouTubeをもってるのは、強いですね。そういった意味では、ソニーも任天堂も今までの競争相手とは大きく異なりますし、ビジネスモデルが異なるのが一番やりにくいと思います。

クラウドゲームは、かなり前から話題になっていた技術ですし、ソニーもGaikaiを買収し、PlayStation Nowをやってきているので、ある意味対策はできているでしょうし、その問題点も分かっているでしょう。対応アプリが非常に少ないのは、その問題点を克服できていないからだと推察します。

Nakamura Hisashiさんが指摘されているように、最大のネックの遅延に関しては、関係ないゲームのカテゴリーも多いので、どこまで問題になるか、興味があります。

個人的な予想では、遅延の影響は、ゲームによる差ももちろんあるのですが、国や地域によるネットワーク環境の格差がまだ大きく、クラウドゲームが成り立つ地域が少なく、絵に描いた餅に終わるのかもしれないなあ、と危惧しています。家の中でさえ、部屋によっては、電波が強かったり弱かったりで、スピードがリアルタイムに変化しますからね。5Gが一般化したときの環境まで待つ必要があるのかもしれません。

いずれにしても、クラウドゲームが成り立つのであれば、Stadia以外のプラットフォームも出てくるでしょうね。それも楽しみです。
全てのゲームに低遅延が求められる訳ではありません。

ドラクエやFF(MMORPG除く)タイプのRPG、リアルタイムストラテジーなど、リアルタイム性が低く、細かいタイミングを要求されないゲームは、遅延があっても影響は少ない。

今まで小規模なサービスが多く、影響が表れにくい状況。Studiaの登場で影響が表面化するカテゴリーがあるかもしれません。
これは、遅延などの問題がなくなったらゲーム市場にとって起爆剤になるかもですね。YouTubeがゲームをやるきっかけになっている割合はすごく高いと実感しています。
eスポーツ、ゲーム実況との相性もいいですね。まさにオンライン対戦のためにあるものだから。
TVもゲームも音楽もカーナビも全部、モニターがあるものはインターネットになるのかな、、?
一つの課題としてあげられている遅延の問題。

こちらは5Gの到来によって解消されそう。
そうなると、クラウドゲーミング業界はさらに後押しされる事でしょう。
5Gが本格的に使えるようになれば、ゲームのクラウド化が一気に進むでしょう。ただ、それは「本物の5G」が使えるようなった時です。

Youtubeは、プラットフォーム的に、オーバーヘッドにならない作りになっているか否かが勝負になるでしょう。

個人的には、SONYが、正しい戦略で進んでいるように感じます。
クラウドゲーミングプラットフォームは、ゲーム用途に限らずコミュニケーションやエンターテイメントへの活用も出来るでしょうね。
ただ、画面描画の遅延をどう解消するのかが気になります。
結局GPU性能がエッジで必要なのであれば、クラウドゲーミングの価値はあまり高くないですね。
Googleに対して、水面下でソニー・任天堂がどのような戦略を練っているのか。
大変気になりますね。