新着Pick
415Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
この方のつくられたバス利用したことあります。博多から地元まで年4000円で行き来できるので、大変お世話になりなりました。1コンテンツには、その製作者のドラマがあるのだなと思いました。
人気 Picker
良記事でした!
家業の悪化から新事業を始める際の最初の行動が、平戸の特徴を調べ、平戸にお金が落ちる仕組みの30年プランを立てたとはスゴイ。
家業の悪化は目の前の不測の事態なのに、それを超長期的プランで盛り立てようとする視座の人はなかなかいないのでは感じました。
「成功とは成功するまでやり続けること」とのこと。
何事も簡単には成功しませんし、簡単にできることは成功とは言いません。
困難を克服してかち取ってこそ、初めて達成感があり「成功」と言えるものだろうと思います。
記事を読んで感動することはあまりありませんが、本当に感動しました。壮絶な人生ドラマですし、まだそのドラマは続いているんですね。ガイアの夜明けで、ベジートの存在は知っていましたが、その開発者の早田さんの人生は、本当に壮絶です。

早田さんには、短期的な視点はあまりなく、長期的に物事を捉え、時間を投資していく姿勢は素晴らしいですね。最初に塾を開くなんて、普通考えないですよ。アイデアマンだけでなく、それを実行に移し、決して諦めない。彼のような生き様、応援したいですし、私もそうありたいと強く感じました。彼を支え続けた奥様もすごいなあ。
すごい。波乱万丈
倒産寸前の実家に戻った後、平戸の次世代を育てるために学習塾を始め、結果その教え子が実家の家業を継いでくれて、自分が苦境の際に資金を貸してくれるという、ドラマみたいなエピソードですね。
壮絶なチャレンジ。諦めないことの大切さが伝わってきます。
「成功とは成功するまでやり続けること」…これは世界中どこでも同じ原則ですね。私が口にするのもなんですが、ここシリコンバレーでも同じです。
この連載について
人々の価値観が多様化し、複雑化する現代社会。教育改革実践家の藤原和博氏は、そんな時代に「希少性のある人材=稼げる人材」になるためには、「3つの分野で100分の1の希少性を獲得し、その掛け合わせで100万分の1の存在を目指すことが大事」と語る。 とはいえ「具体的にどうキャリアを掛け算すればいいかわからない」という人も多いかもしれない。 NewsPicksは藤原和博氏とコラボし「ミリオンズ」という連載を開始。本連載では、編集部が「100万人に1人の人材( The Millionth/ミリオンズ)」だと評価した人物を、ジャーナリストの磯山友幸氏、ライターの川内イオ氏が取材。彼らはどのようにして「100万人に1人の人材」になったのかー。