JAL勤務時代、通勤時間の「趣味の読書」が自分を助けてくれた

2019/5/2
読書人生の始まり
日本航空(JAL)に入社して15年目、サラリーマンとしては順調に出世して課長補佐になっていた松山真之助さんは、自ら生活スタイルを一変させた。1993年、39歳の時である。
千葉県の八千代市に自宅を購入、東京品川にある天王洲アイルの本社に通い始めたのだが、ラッシュ時間帯になると通勤に2時間近くかかっていた。
すし詰め状態の満員電車を避けるため、松山さんは4時58分の始発で通勤を始めたのだ。これならば会社まで座って通えるうえ、電車が遅れることもないから6時半には会社に着ける。
もちろん「時差出勤」という言葉などない時代の話である。余裕ができた松山さんは電車内で読書を始めた。それが3000冊に及ぶ読書人生の始まりだった。