新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
何も考えていないのに、時たま女性活躍の象徴としてこうしたイシューの前面に祭り上げられがちな私が言うのも何だが、声を上げる。啓発の機会を設ける、罰則を設けるといったこととは違うアプローチもある気がする。うちの会社も(小さな会社だった頃は男性の雇用がしづらかったこともあるが)女性比率が半分以上だったのはたまたまに過ぎないし、差別というより、男性比率の高いことに無頓着(運動家の方はそれこそが問題というのだろうが)な層も多いだろうから、試しに半々にしてみたら、何の問題もなかった。良かった、これでいいじゃんみたいな解決法がないものかと思う。