新着Pick
154Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
レッドカーペット社の会員になるためには「最低でも利用限度額が5万ドル以上のクレジットカードを保有していなくてはならない」。日本円にして600万円以上の利用限度額が必要だ。

その多寡はともかくも、米国ではクレジットカードをもつことは、信用があるということ。日本の現金派にはクレジットカードをもちたくないという人が多い。その理由は使い過ぎが怖いから。

でも国際的にいえば「私は信用がない人」になってしまう。使い過ぎをコントロールできない人は、信用がおけないということになる。
新作よりも午前10時の映画祭でやっているような、思い出の1本のために
映画館を貸し切りたいなと思います。
ケータリングを入れて、パーティ主催者によるテーマ別オールナイト。
仁義なき闘いと北陸代理戦争2本立てとか。風と共に去りぬ とかアマデウス とかワイルドバンチとか天国と地獄とか203高地みたいな長い映画をインターミッションつきで見るとか。
みんなでテレビを見なくなって面白新作がどんどん出来るとかつての名作に触れる機会がどんどん少なくなります。

運営している古民家食堂でもドキュメンタリー映画とかは監督の解説付きでDVDのプロジェクター上映でやっているのですが、劇映画でやりたい。
1人ではなかなか見ない1本との出会いをまとまった人数の共体験として提供できるようなサービスをやってみたいです。
「富豪」だけでなく、「コアコンテンツ好き」は価値の捉え方が異なるので、高くても売れるのは当たり前。

ただし、これまでは「高いもの」「コアなもの」は手に入りづらかっただけで、今はネットのおかげでユーザーが集めやすくなったのでサービスとして成立する。

私自身がオタク向けのコアコンテンツサービスを行っており、「1000人のコアなファンがいれば、クリエイターが好きな作品を創作しているだけでも生きていける世界にする」を目標としてマーケティングを行っています。

そのため目の前で当たり前に「これは売れるのか?」というコアものがどんどん売れていくを見ているので、これも自然な流れで生まれたサービスだなとすんなり受け入れました。

こういったサービスはもっと増えても、ビジネスとして成立していくと思います。
どんなエリアでもスーパーハイエンド向けのビジネスはあるというはその通りですね。アメリカでは、ビヨンセやエルトンジョン級のアーティストがお金持ちの誕生日に来て歌うとか、あるあるです。

実は私がこの記事で刺さったのは、創業者が普通スタートアップを始めると思いもしない年代だということ。70台になっても、自分が欲しいサービスを立ち上げるというのは、これからの100年時代のロールモデルですね。是非多くの中堅管理職以上の人たちに読んで頂いて、今の関係値を棚下ろし、退職後どんなビジネスを始められるか考えて欲しいですね!
知らない間に、ショーン・パーカーの「スクリーニング・ルーム」は失敗していたのか。立ち上げたニュース見て絶対無理だろと思ってたけど。

本題ですが、「富豪向けシネマ」のもっと具体的なサービス内容が記事だとわからないので、ピンとこないというか、なんでわざわざ高いお金を払う必要性がでてくるのかがわからず不思議な感じなんだけど、

でも、少なくとも富豪から高単価なお金を映画に流してもらうという発想はとっても素晴らしいし重要だと思いました。現代アートは”安定性のある投機商品”というカッコつきではあれど、富豪マネーが流れているけど、映画はあんましそれがないから、素晴らしいチャレンジではあると思いました。
映画の豪華版、上位1%のネットフリックスの考え方は、真のOne2Oneマーケッティイングへの道です。特に日本ではn=xxxユーザーに翻弄され実はここでいう上位1%層を満足させるサービスやコンテンツがなかったのは事実。映画だけではなく、音楽からそのほか日本の伝統芸術に対しても上位1%の市場を真剣に考えるべきと数年前から考え始め色々仕掛けていこうと思っている次第です。