新着Pick

JOLED、255億円を調達 官民ファンドやソニーなどから

共同通信
JOLED、255億円を調達 有機ELパネルを手掛けるJOLED(ジェイオーレッド、東京)は8日、官民ファンドのINCJ(旧産業革...
89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これも、失敗にならないければいいが。

1.印刷技術のメリットは、①真空不要、②マスク不要、③サイズスケーラブル、④材料ロスが少ない。これは、フロント工程の話、バックプレーンでは、真空やマスクは必要。かつ、サイズスケーラブルではない。
マスクも、LTPSの10枚程度に対し5-6枚はいる。蒸着前後の封止などの工程はあり、そこも真空だからだ。

2.印刷方式の3大課題 ①寿命、②色ムラ③PPI
CEOやCTO質問、学会で、聞かれても、都合悪い話は「開示できない、データない」

①寿命 RGB、特に、Bの寿命の短さ
・JOLEDでは、高分子を採用、LT95(5%評価)で1500時間、半減期(LT50)では2-3万時間  B2B分野?5年程度なら自信?!焼き付けの主因もあり、医療やB2Bでは問題。
・有機EL討論会TCLのリー氏の講演:Rが5800時間、Gが17000時間、Bは700時間<65型TVで5000時間との比較>②分子粒径等に不均一性による色ムラ
「ムラ」フリーでは、TELが貢献して改善?、不明

③スマホ等の高精細(400→800ppi)では、ppiも不十分。
現状200程度はクリア、300も可能、TCLの160(4K-TV 55型)より高。開口率は、サムスンやLGの40-50%に対し数値は開示されず不明。
その他
・温度は自動車用では重要だが、測定データとしては、マイナス40度から85度まで対応
・消費電力も通常の液晶と同等、19型の4kでは14W。
・駆動ドライバーは普通のもので対処、色度カバー130と高。

3.言及されていない問題点
①圧電で滴下させる精密駆動の印刷ヘッド:タンクからRGB粒子を送り、圧電滴下
・目詰まりが懸念だが、「問題ない」
・クリーニングも、メンテナンスフリーではないが、数か月程度は不要。
・1パスでRGBが一括で塗れるのが長所、TACTは100秒程度だが、まだ試作
②印刷後の乾燥も課題:200度程度のベークで、温度分布の制御難、「特に問題はない」
③実証ラインでないとコストや生産性は不明
・現状は、石川の旧アモG3を改造したG4.5ラインによる試作程度、キャパは2k程度
・生産性などの数字も、実証ラインでは、変わる、まだ歩留まりを言及できる段階でない
JOLEDへの出資は、INCJ含めて日系のみ。元はJDI15%、INCJ75%、残りソニー・パナ5%ずつでスタート。昨年はデンソーなどから2回にわたって調達(①、②)し、今回の比率は分からないがJDIの比率は一層低くなる。
https://newspicks.com/news/2898539
https://newspicks.com/news/3264565
INCJのサイトには、追加出資に関するニュースリリースが掲載されていますね。

『株式会社JOLEDへの追加出資について | 株式会社INCJ -』
https://www.incj.co.jp/newsroom/2019/20190408.html
嫌な予感。
株式会社産業革新機構(さんぎょうかくしんきこう)は、旧産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法(産業再生法)・現在の産業競争力強化法に基づき設立された官民出資の投資ファンドである。 ウィキペディア

業績