新着Pick
312Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
故紙(古紙)のリサイクル現場を見たことがあります。
ビルのような高さに積まれた故紙から、紙以外のものを抜き出す作業は容易ではありません。
紙の中に禁忌品(再生のために混ざってはいけないもの)があれば、再生紙とするプロセスでトラブルが起きてしまい、時には機械の故障を招きます。
あの姿を見れば、回収後の分別に大きな手間がかかることもわかります。
値上げが適切なものかは話が別ですが。
故紙以外の分野でも同じことが起きていることは想像に難くありません。
技術で解決できそうな気もしますが、技術が動員されるにはお金が必要だったりします。

参考:紙のリサイクルについて
http://www.prpc.or.jp/recycle/waste_paper/
この一文から、記事のスタンスが分かってしまう気がする。
「この状況を引き起こした張本人は中国だ。」

この状況を引き起こしたのは、ゴミを出す人達以外の何者でもないと思うんだけど。
これまで「資源ゴミ」の処理をまるごと中国や途上国にゆだねて、現実を見ずに済んでいた(あるいは、見ないでいた)のが実情かと。この「チャイナ・ショック」は問題を可視化したという点で意味があったと言えそうです。
リサイクルは資源の有効活用と、環境破壊を防ぐため。自国の消費で出たリサイクル素材は、自国内で処理すべきでしょう。

中国がアメリカのゴミ捨て場とは、あまりにひどい。その流れが破綻して、行き場に困ったリサイクル素材が問題を引き起こしています。

美しい地球をゴミの山にしたくはない。自然に対するマナーが問われています。
プラスチックを使わないようにしていくしかないよね
なるほどね