新着Pick
212Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ルノーが日産との合併に突き進めば、両社の間でまた揉めるのは必定。ルノー株主のフランス政府としては、ルノー・日産を後戻りのできない、いわゆる「不可逆な関係」にして日産を植民地化しておきたいのでしょうけれど、もしかすると、こうしたリーク記事で揺さぶりをかけながら、日本政府を交渉の場に引っ張り出すのが真の狙いかもしれません。

一方でルノーのフィアット・クライスラー(FCA)買収というのは意味がよく分からない。規模の拡大ということなのか、車台や購買網の共通化、販売網の相互乗り入れなどが目的なのでしょうか。もし莫大な資金を要する電動化や自動運転などの研究開発で手を結びたいのなら、連携すればいいだけで、買収にまで踏み込む必要はないはず。この間、プジョーがFCAに合併打診も破談という報道がありましたが、ルノーとしては、FCAがライバルの手に渡るぐらいなら買収してしまえということかもしれません。
報道合戦というものは、根拠の薄いスクープと抜かれた競合が更に根拠の薄い打ち返しの報道を行う悪循環である。本当に価値のあるスクープは少ない。FTはどうだろう。ブルームバーグは株価に影響大きい報道でリスクをとる傾向が強い。間違いないことは、欧州事業は規制でボロボロになりそうであり、生き残りをかけた合従連衡はなんでもありの状況だ。読み筋報道が横行するのは仕方がない。PSAーFCA破談の読み筋報道に対して、こういった読み筋記事が打ち返しているのでは?何が正しい報道か注意深く見極めないと。
本当に現実的に考えているのだろうか?
実際に合併をする、さらにFCAも買収するとなれば、相当な資金がいる。資金調達を負債や株式でRenaultが自ら行うことは現実的ではないと思い、株式交換の形になるだろう。
株式交換の形となれば、仏政府のRenaultへの影響力は必然的に低下する。Renaultの時価総額は約2兆円、日産が4兆円でFCAが3兆円。一番時価総額が小さいRenault(そしてその株主としての仏政府)が主導権を最終的に握る形にはなりえない。
日産側も嫌がっているけど、実はルノーの労働組合も嫌がっています。合併すると日産に劣るルノー工場の従業員が合理化の名の下にリストラされることを恐れているからです。
アライアンス原則に同意するなら、メンバーの追加は、アライアンスの多様性と多機能化に有効なので歓迎だ。

FTは、7-8年前にも、ルノーと日産との合併の可能性についての観測記事を書いた。

当時、フランスの株式会社と日本の株式会社との国際合併は法的には不可能とされており、その理解は今でも変わらない。

実際、これまでの自動車メーカー間での合併は行われておらず。ベンツとクライスラー、フィアットとクライスラーなど、その全ては、持株会社形態か一方を親会社とした統合であり、少なくとも、日本の会社法のような、どちらかが消滅し、消滅会社の権利義務を存続会社が包括承継する合併ではなかった。

他方、ルノーSAは、2002年に、全事業活動を子会社のルノーSASに譲渡し、持株会社になった。

つまり、ルノーSAを持株会社とする、グループの形成を準備している。これは正規の合併ではないが、事実上の合併ともいえる。しかし、ルノーSAは単体では、売上も従業員もいない名目上の会社で、ガバナンス上は大いに問題があるトリッキーな形態だ。なぜならルノーSASは極めて広い定款自治が認められる。法定機関は、社長しかなく、取締役会は必置ではない。どちらかというと、日本の合同会社に近い。

いずれにしても、本来のアライアンスは、事業の統合ではなく、事業の協業だから、その意味は異なる。

ところで、合併では、必ず資産の評価益課税が生じ、個人株主は困ったことになる。さらに、日本の株主は、フランスの会社の株式を取得することになるなどの実務上の問題が起こる。だから、日産は個人株主を追い出しておく必要がある。
ルノーというより、フランス政府の画策めいたものを感じてしまいます。

これからの自動車産業は、従来のように規模の勝負ではなくなるので、巨大になること自体、下手をするとリスクになるようにも思うのですが…
可能性がないとは言いませんが、FCAとの合流にどの程度のメリットがあるのか。ルノー・日産の合併は「急がば回れ」が1年ということでしょうか。
日産がルノーとの合併に賛同しますかね?注目しましょう。
日産の新しいガバナンス体制の質が問われることになる案件ですね。アライアンスにとどめるか、ルノーと統合するかは、突き詰めれば経済条件次第ですが、本質的には開発力と収益力の引き上げにどちらが近道かで決めて欲しいと思います。
 さらにフィアットというのはCASE時代らしくない従来型の発想という気がします。
今回のゴーン氏のコンプライアンス問題に対して、日産は裁量性のある実質経営権を引き出そう、引き出せると見越したのかもしれませんが、日本で批判があろうともルノーは日産の筆頭株主なわけです。
ならば、ルノーとしては、いっそのこと合併して経営を一元化しようという発想で発言をしても特に不自然ではありませんね。
NPでもよく話題に出る親子上場の問題も解決しますし…

ただし、実際にやれるだけの体力がルノーにあるかどうかは別問題でしょう。まずは、揺さぶりを掛けて日産と日本の反応を見ているのかもしれません。

確実に言えることは、筆頭株主の意向を実際には確認する必要がある、重要な取締役の解任や選任に関わることをいきなり司法取引をするのは順番が違っていたということではないでしょうか?
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
1.82 兆円

業績

ルノー(Renault S.A.)は、フランスのパリ近郊のブローニュ=ビヤンクールに本社を置く自動車製造会社。 ウィキペディア

業績

業績