新着Pick
139Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ボォーとしてんじゃねえよ。やればできる。

東京都の職員は100点でなく120点満点。20点は国を変えるため。
若い職員を破綻した夕張に派遣した、その鈴木直道君は夕張市長を2期つとめ、このほど北海道知事に当選した。
東京都が先駆けて始めたサービス付き高齢者住宅は、翌年、ついに縦割りの国交省と厚生労働省が話し合い、国の政策として採用されてい普及している。
やることは幾らでもあるし、やれることは残っている。
企業でも出向させると劇的に成長します。引き出しの数が増えるのです。直接的な体験が即生きる場合もなくはないですが、考え方やDNAの違う環境で仕事をする事によって化学変化が起きるのです、かつて電通×オプトの提携時に100人を超える出向者を自らも含めて送り出した実感です。覚醒するのです
"財政破綻した自治体の状況を身をもって体験してくれば、都庁だけにいたのでは得られない視点を否が応でも身に着け、覚醒して帰ってくるだろうと考えた。"
東京都職員だった鈴木直道さんは、猪瀬さんの命により、夕張市に出向。その後30歳で夕張市長になり、38歳で北海道知事に選ばれました。
キャリアというものは、一つの組織ではなく、新しいチャレンジを通じて高まるものだという象徴的な事例です。
新公益連盟では、多くの議員の力を借りて、国家公務員がNPOに兼業することを可能としました。さらに、NPOが省庁や地方自治体に出向する流れをさらに加速できないかと考えています。
ついに北海道知事になりましたね
「ボーッとしてんじゃねえよ」笑
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。