新着Pick
147Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
背景には、米欧の3月製造業PMIが予想以上に悪かったということがありますが、こうなれば、日本も3月の鉱工業生産が持ち直すのは難しいでしょう。
景気の山と谷は間が5ヶ月以上離れないと認定されませんが、多くの景気指標が昨年10月までに一旦ピークアウトしてますので、3月まで悪化が止まらないとなれば、いよいよ景気後退の認定が現実味を帯びてくると思います。
日経平均-3.01%、TOPIX-2.45%、マザーズ-1.46%、REIT-0.47%。
2万1000円は割ったが、割ったところからそのままズリズリ下がる展開は防げた。ドル円も110円前後できれいに粘り、ダウ先物は約60ドル安(1630現在)。アジア株も上海・香港・韓国は約-2%前後、それ以外も-1%以上の下落が多い。
業種別には全業種マイナスで相対優位も電ガス-0.72%、倉庫運輸-1.24%などディフェンシブ優位。マイナスが大きいのは石油石炭-5.21%、医薬品-3.86%、鉱業-3.64%、ガラ土-3.37%、非鉄-3.27%。
個別ではエーザイの下落が引き続き大きくストップ安で-19.83%。それ以外にはソフトバンク-5.01%も目立つ(日経平均とTOPIXの乖離要因として大きい)。
米金利の逆イールドからの景気後退懸念が騙しであり、過度な懸念であったことは、昨年末の株の下落と1月以降の急激な反転で経験済みだ。マーケットは同じテーマでは踊らない。しかも今回の株価の下落は、昨年のFRBの継続的な利上げ局面とは異なり、完全なるハト化の下で起こっている。新たな懸念材料が発生しなければ、株の不安定さは前回よりも驚くほど短期で収束すると思われる。
世界景気が減速しても、僕個人が加速してれば問題無し。
僕が一切投資をしないのは、こうした数値で毎日一喜一憂するのがメンタル浪費だから
日経平均株価、TOPIXともに反落。両者ともにわかりやすいチャートポイントまで一気に落ちてきましたね。外部要因に振り回される指数の悲哀を感じさせるような動き方。これが少し遅れた彼岸底となるかどうかも外次第ということなのでしょう。