新着Pick
265Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
話ズレますが、こういうゲームってその場の人の感情とか、まとう空気感が出て、性格や今の状態を感じるから好き。戦国時代の武将が戦の前に将棋さしたりしてるの大河ドラマとかでよく見てたけど、あれも近い状態。大切な事を起こす前に自身の気持ちを客観的かつ冷静に見るための将棋。そう思うと面白い。
うちの子どもは「人生ゲーム 」が大好きなので、こういうボードゲームにも食いつきそう。やってみたい!
たしかに種類の多いものを学ぶのにゲームは適しているかも。遊びながらポケモンの名前と特性などを覚えるように、170種類の鳥マニアになれそう笑
動物図鑑の代わりに動物カードゲームが重宝する的なことはもっとありそうだよね。
確率・統計ではなく、心理・感情の面白さが練りこまれているという方向性がいいですね。純粋にやってみたいし、この構造は他分野への転用も可能ですよね。就活とかもこんな感じにできそう。
ゲームってコトの仕組みを考える参考になりますね。

以下引用
ボードゲームの命である「数学的要素」と「心理学的要素」のバランスを見事に保っている
「ゲームデザインの第一歩は、何が楽しいかを見極めることです」と、「ウィングスパン」のテスターを務めたゲームデザイナーのマシュー・オマリーは言う。「だからまず、面白い『選択』を用意しなくてはなりません」
ハーグレイブ自身、計算し尽くされたゲームを設計することよりも、プレーヤーが夢中になれる仕組みをつくることに力を入れてきた。
「数学的に完璧な設計は、ものすごく退屈になることもあります。必要なのは、人間らしいひらめきが介在する余地を設けることです」
体験から学ぶことを室内で行うには、ボードゲームは最適だなと思います。
やって終わりではなく、そこから何に気付くか。