新着Pick
952Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
FANUCの隣町の吉田高校理数科の出身です。主に東大東工大の理系に進んだ方を中心に地元ということもあり毎年のようにFANUCに行く人がいます。その1人にFANUCライフについて聞いてみたことがありますが、「なんか工学部時代の研究室に似てる」と言っていました。

工学系の研究室って結構遅くまでやってますし圧倒的に男性が多い。そこが居心地の良い場所だった人には地方の大学だろうが海外の田舎の大学だろうが、研究設備が揃っていれば都会に執着しない人が多い。

確かにFANUCは田舎に理系男子が幽閉されている宗教施設感もありますが、車で10分も走れば有名人も多く所有する別荘地。30分で御殿場のアウトレット。つまり風光明媚な観光地という側面もあります。今は富士五湖は平日も外国人で溢れかえっていますし、観光で潤ってる地域ですので少なくとも暗いイメージはない。釣りや山歩きバーベキューなどアウトドア系の趣味がある人にはそれなりに良いところとも言えます。

都会的な楽しみは望むべくもないですが、工学部の修士以上にも進学しようとするような研究好きな人であればそれなりにやりがいがある場所なんじゃないかなと思います。
これまでほとんど明かされることのなかった、ファナックの社員や幹部たちの「高給」「働き方」「コミュニティ」を赤裸々に語ってもらう、異例の匿名座談会のセッティングに成功しました。この取材のために、山梨県忍野村に通いました。

ファナックの社員の名刺には、メールアドレスがありません。メールアドレスを仮に知ることができても、送信すると「エラー」で戻ってきてしまいます。、そんな徹底した情報管理の中で働いている社員たちは、一方でファナックのカルチャーを楽しみ、開発や研究に情熱を捧げ、また非常に高待遇な給料や、充実した衣食住を手にしています。

果たしてここは、日本の理系男子の「最後の楽園」なのか。ぜひ知られざる実態を、お読みください。

*夏冬のボーナスの時期、ファナックの経営幹部たちには数千万円がドカッと振り込まれるという証言を聞いて、これは夢があると思いました(笑)。
「それは本当なんですか?」ーー取材中、後藤記者と私が何度もこういった反応をしていました。

デジタル時代において、こういった「ブレない」経営をする企業が存在するということに心底驚きました。一方で、こういったことがこれまでの「強さを保存する方法」だったのかもしれない、とも感じました。

「枯れた技術」に注力してきたファナックが「新しい技術」を持つベンチャーなどと組む動きを活発化させています。この流れが強まってくると、この会社の「教義」はいかに変わっていくのか、それとも変わらないのか、とても興味があります。
地方の有力企業というのはどこも人材獲得に四苦八苦しているところはある。
徳島の日亜化学さんなどもそうだろう。長野県諏訪のエプソンさんもそうだろう。地元有力企業は多かれ少なかれこうした問題、悩みがある。それにしてもファナックさんほど物理的にも隔離されていて、仕事だけに没頭する環境を用意する会社というのも珍しいとは思う。1時間かけて、八王子に言って飲むという感覚がなかなかしびれる話ではないですか。ビールを出す居酒屋が敷地内にあるというのもなかなかすごい話。

USでも医療機器メーカーなんかはとんでもない田舎に製造拠点を構えていたりして、そこで開発もしていたりすると、ときたま用事があってお邪魔しようとするわけなんですが、あまりに田舎っぷりに「本当にここにあの大手企業の拠点があるの?」と不安になったりもします。

高収入、とはありますし、周囲と比べれば確実に高収入ではあるのでしょうけども、多様な働き方、稼ぎ方が取り沙汰されることも多い昨今、このモーレツ社風も変えていかないとソフトウェア人材とかなかなか採れないんじゃないかなあとは思います。

この辺りは日本電産もここ最近、永守氏が方向転換したように、色々と方向転換が必要になってきているからこそのNPでの特集なのだろうね。
凄すぎる。本当に2019年なのかと疑うレベル。今後、会社を中途半端にオープンにして行くと、この強さが失われそうで逆に怖いですね。どのようにバランスを取って行くのだろうか。
決して悪い意味ではなく「宗教」ですね。物理的にも精神的にも世俗からは「隔離」され、ライフイベントも含めて生活すべてがデザイン、管理されている。
こういう中で一方はプリファードのような「異質」を受け入れ、ソフト化・オープン化していくのは並大抵のことではないですね。同時に進行しているトヨタにも通じるものがあると感じます
めちゃくちゃ面白いですね。一つの村であり、国ですね。

>ファナックでは、仕事用のパソコンからインターネット接続はできません。これは本当です。会社内のネットワークにはつながっているのですが、いわゆる外部にはつながっていませんので、ネット検索もできません。

> ファナックは自社工場のどんな小さな作業にしても、ロボットをふんだんに使うからです。ロボットを湯水のごとく使いまくる。こんなロボットの使い方ができる会社は、費用対効果からみても、そう多くありません。
この発想はかなり面白い。
メーカーが社内コスト適性から削減にバランスが偏りすぎると、枯れた業界での競争優位性は落ちていく可能性。
ガラパコスも一見否定的に見え、日本企業が取れる立派な戦略なんですよね。

そういえば、八王子に社会人になるまで住んでいても、グロービスに通っていても元ファナックの方とは会ったことはないかも。精密機器メーカーに勤めていた父に今度聞いてみよう。

記事引用:
もともとファナックは原価を落とすために、生産設備そのものを、自分たちの手で作ってしまおうという会社です。みずからを自動化するために大量に開発したロボットを、外部にも売り出すことになったのが、ロボット事業の始まりです。
だからファナックという企業は、経済学でいう「収益逓減の法則」(注:生産量を増やすと、一定以上はコストのほうがより増大する=利益率が落ちてゆく)に、逆らっている稀有なメーカーなのです。
おもしろいです。ファナックの文化にマッチした人だけが集まって力を発揮しているからこそ、あれだけの世界シェアを確保できるのだと思いました。
やはり、今どきじゃない”昭和”感に溢れた会社なんですね。

傍目には時代遅れに見えなくもありませんが、危機感を持っている稲葉CEOがアップデートすべきところはアップデートしているのでしょう。

ある種の宗教チックなところがファナックの強みなんだろうなぁと思いますね。世の中のトレンドなんぞ、どこ吹く風。どこまでもユニークな存在であってほしいです。
この連載について
黄色に染まった工場群とユニフォームをまとって、超高収益の工場自動化や産業ロボットをつくっているファナック。いま人工知能やIoTで変貌しようとする「秘密企業」の内側を、NewsPicksが追いかけた。

業績