新着Pick
174Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
この人物、カナダ国籍のモハメド・アブドゥッラー・モハメド(1983年サウディアラビア生まれ、5歳の時にカナダに移住)は、カナダに送還されることを希望しています。両親はエティオピア人の移住労働者であり、サウディアラビア国籍は持っていないでしょう。
 カナダ政府のトルデュー首相は、このようなシリアからの帰還者を、司法の裁きにかけるとともに、その後カナダ社会に統合していく意向を示しています。現実的かどうかはともかく、リベラルの面目躍如な方針です。
 この人物、モハメド・アブドゥッラーは、カナダに送還されるのが一番安全だと考えているでしょう。このままシリアにいれば、略式の裁判もあるかないかで処刑されるかもしれません。もし、動画のナレーションをしただけであれば、カナダの司法もそれほど重刑は課せないでしょう。
 しかし、この人物の主張とは異なり、実際はこの人物は処刑動画に覆面をして登場している人物なのではないか、という推測が、すでにカナダ人研究者から出てきています。もし捕虜の処刑に参加していたとなれば、相当の刑を課される可能性も高いでしょう。

https://nationalpost.com/news/captured-canadian-isil-fighter-in-syria-may-have-appeared-in-notorious-execution-video
加藤さんのコメントを読み、ふとオウム真理教の上祐氏とイメージが被りました。
カルト宗教にせよテロリストにせよ、スカウトを請け負う部隊はかなり重要なポジションのようです。
このモハメド・アブドゥッラー・モハメドという人物は、自分が担ってきた仕事の重要性を理解しているように感じます。
だから、頑なにナレーションしかやっていないと主張しているのでしょうか?
アルカイダもそうですが、組織力の高いテロリスト集団の厄介さの奥深さを改めて感じます。
欧米諸国からISへ多くの人を引き込む上でその英語が大きな役割を果たしたという点で、確かに「リクルーター」ではあります(「最凶」という見出しにはちょっと首をかしげますが)。

本文中でもわずかに触れられていますが、元記事によると、拘束されたシリアの拘留施設で、クルド人の当局者2人が同席して録音していたという状況(ただしインタビューに口をはさむことはなかったという)でのインタビュー。「下っ端だった」「処刑など映像におさめられた現場に関与したことはなかった」という証言はこの状況を考慮に入れて読む必要があります。
シリアの刑務所内だと処刑される可能性は相当高いからな。極力リスクを避けているのだろう。