新着Pick
393Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
人脈作りとか巷でよく聞きますがこの記事に書いてあることの方が本質的だと感じました。「ギフト」という考え方。記事や本を読んで感銘を受けている時点で何かを受け取っているのだから、単なる挨拶やお礼でなく相手にとって有益なギフトを届ける。ギバー的発想ですし、何より相手へのリスペクトが感じられます。
「勝たなくても幸せになる方法」とは、どういう態度で社会に接するかどうか。
まだ業界が存在しない、誰も知らない創業期のヤフーに飛び込む「勇気」は、社会に対する信頼に根ざしているのはないか。これは、別のヤフー創業メンバーとお話しした時にも感じたことです。
ギフトを差し出す心がけも、社会に対する肯定感や安心感があってこそ生まれるもののはず。

「必ずこちらから何かギフトを差し出すように心がけていました。だって、単に「面白いです」って言われても向こうは忙しいじゃないですか」
「なぜギフトを持っていくかといえば、最初にもらっているから。糸井さんの「ほぼ日」を読んでたくさん勇気づけられたし、初めて内田先生の本を読み終わったときなんて、ハッと顔を上げると本当に世界が輝いて見えたことがあったんです。
だから、私はどうやったらそのお返しができるかと考え、とくに下心なく、自分のできることを携えてコンタクトを取りました」
旦那さんとの出会いは麻雀。
父親に教わった麻雀がキーになっている点も面白い。

アメリカ的な超個人主義よりヨーロッパ的助け合い。
旦那さんとのヒモ交換は今どきなパートナー同士の助け合いの一形態です。
ほぼ日 糸井さんや内田樹さんとのブログコメントやりとりは絶妙です。
非常に共感する。

こんまりさん記事とともにカラフルワーク感満載。
大陸内で国同士が連なりあってるヨーロッパでは互いに支え合って助け合っている。人の連なりが強さ。と同時に、日本でもアメリカでも連なりの単位、コミュニティを見る単位を変えれば、見知らぬ人同士でも助け合ったり、支えあったりしてると思ったり。
スペインでの数々のエピソード。何か、日本が失ったものというか、日本に欠けているものを見た気がします…
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.43 兆円

業績