新着Pick
259Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
よくファルコン9を買えるだけの金を集められたと思いますよ。すごい。そんな金が無くても月にモノを運べるロケットを我々は開発してます。そうするともっと月が身近になる
へー、この話は知らなかった。しかし最大の衝撃はここ:

スペースILは月ミッションが終わったら解散!!!???

「スぺースILの創業者たちは、すでに先へと進んでいる」ですと!!???

いやちょっと待って、彼らの事業を買収してあげるお金持ちさんは誰もいないの・・・・!!??

や、彼らの技術レベルがどの程度か全くわかりませんが、月ミッションを打ち上げまでこぎつけた時点で、相当の技術/経営/ロジスティックなノウハウが蓄積しているはずです。それが解散とは!!??

おそらくですが、イスラエルは小さな国なので、ビジネスとしてサステイナブルになる規模の需要は見込めないのでしょう。で、宇宙は如何せん国防に絡むので、どこの国も気軽に外国企業を使うことはできません。

でもispaceみたいにアメリカ企業の下請けとして入って、CLPSを狙うとかできなかったのかな・・・??

にしても解散とか勿体なさすぎるぞ。

NPに登場する資産家の方・・・堀江さん、いかがでしょう・・・・?

-----

ちなみに。

これから「月を低予算で目指したい!!!」と思っている方のために、アイデアを二つ書いておきましょう。

1. 相乗りで月に行く際、静止トランスファー軌道(GTO)まで運んで貰えば、かなり小さなΔVで月遷移軌道(LTO)に移れます。正確な数字は忘れましたが0.5 km/sとかそんなもん。で、たった0.7 km/sを追加するだけで第2宇宙速度に乗れます。低コストの相乗り打ち上げで月以遠に行きたいならこの方法でしょう。GTOへの打ち上げは頻繁にあるので。
参照:https://en.wikipedia.org/wiki/Delta-v_budget#Earth%E2%80%93Moon_space%E2%80%94high_thrust

2. たとえ1を使っても、月軌道投入には比較的大きなdelta vが必要。そこで有用なのが、Low energy transferと呼ばれる軌道群です。ざっくりいうと、月、地球に加え太陽の重力も使うことで、Delta Vほぼゼロで月軌道投入できてしまう魔法のような軌道。片道30日ほどかかりますが無人ミッションなら問題ないでしょう。
参照:https://en.wikipedia.org/wiki/Low-energy_transfer
夢を真摯に追い続けた結果、多くが脱落していく中で生き残った。夢をみるのは簡単だけれど、それを維持しつづることは難しい。

それにしても、宇宙事業は金がかかる。よく出資者を巻き決めたものだ。出資者の心を動かしたのも、夢への熱量。一緒に宇宙探検に行こう!と。
『400万マイルもの移動を経て25万マイル先の目的地にたどり着く、なんとも迂遠な旅路だ。』
初の民間月面探査衛星が、ハヤブサ2がリュウグウに到着した2月22日の米国時間夜、Space Xによって打ち上げられた。それについての記事だが、こんなストーリーがあるとは知らなかった!
超エコ、考えればアイデアでるものですね。「ベレシート号は複数の小型エンジンの力で、地球を周回しながら徐々に遠ざかり、月の重力によって自然と月の軌道に引き寄せられるよう設計されている。」
やっぱり”ファルコン”というネーミングに、本能的にロマンを感じてしまうスターウォーズファンがいるんです😅😅😅

成功を祈ります。
May the force be with you.
面白く、引き込まれる記事。
フェイスブックの書き込みから始まった8年がかりの壮大な月探査計画の物語。月までの独特の到達の仕方にも、こんな方法などあるんだ、と興味をそそられました。
資金繰りの過程も面白いですが、プロジェクトの中身や3人の人生ももっと詳しく知りたくなります。
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
52.2 兆円

業績