新着Pick
The Wall Street Journal
ソフトバンク グループの孫正義会長兼社長が率いる「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」。10兆円規模のこのハイテク投資ファンドに対して、二大出資者であるサウジアラビアとアブダビの政府系ファンドが、ビジョン・ファンドの運用を担うソフト...

この記事は有料会員限定の記事となります。

184Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
孫正義会長は直近の決算説明会でビジョン・ファンドのストラクチャーや主要条件についてかなり詳しく説明しました。GPはソフトバンクでサウジはLP。でも形式的にはLPであるサウジからの巨額の投資資金があってこその10兆円ファンド。NVIDIA案件の顛末も詳しく語られていましたが、投資実績が上がっているかどうかが不満が本当に顕在化するかどうかのポイントであると思います。現状は異常なリターンを上げている段階。こんな異常なリターンのファンドは稀。リターンには満足しているはずです。そして、投資実績に不満が出るようになった時、当該ファンドには利益相反等多くの問題があるなかで、存続は困難な展開になっていくものと予測しています。

なお、孫会長の決算説明会、毎回1時間半程度ですが、動画で見ることをお勧めします。四半期に一度はベンチマークしておくべき対象です。あとで書き起こしも公開されますが、動画視聴をお勧めします。
> 「ビジョン・ファンドへの投資家は、ソフトバンクがまず自ら投資して、後にビジョン・ファンドに株式を移管するという手法にも不満を抱いている。」

典型的な利益相反取引です。ファンドの契約で当該取引を禁止しておかなかったのかなあ?(素人?)

—-
ちなみに、米系巨大投資銀行においては、①投資銀行が自身のバランスシートで企業投資をすることもあれば、②投資銀行が運用するファンドで企業投資をすることもあります。ですが、①から②にアセットを移したり、その逆の取引は、NGです。社内のリーガルから「ファームとファンドの利益相反があるから、そんな取引はダメです」と怒られます。

金融業は信用商売なので、お客様(ファンドへの投資家もお客様)の信用を毀損しないように各種の契約やルールを整備しています
SBGとSVFの間にある巨大な利益相反は、到底看過できない。今まで問題にならなかった方がおかしい。このことは過去に何度も繰り返し警告してきた。この記事の内容は、これまで僕が警告してきたこと、まさにそのものだ(下記の幾つかの過去pick例ご参照)。今はサウジ等のLPとSBGというGPの中の相克だが、いずれはSBGを揺るがす問題に発展しかねないと強く危惧している。

SBGの株主とSVFの投資家(サウジ等)との利益相反については下記。
https://newspicks.com/news/3468363?ref=user_345620
https://newspicks.com/news/3468365?ref=user_345620
https://newspicks.com/news/2188941?ref=user_345620
https://newspicks.com/news/2832458?ref=user_345620

なお、意思決定プロセスの問題については、以下ご参照。
https://newspicks.com/news/3468370?ref=user_345620

また、ソフトバンクの決算についての疑念は下記。
https://newspicks.com/news/3437863?ref=user_345620

SBGによるSBの親子上場も大問題だ。
https://newspicks.com/news/2832458?ref=user_345620

これらを纏めて再度書くと到底1000字では収まらないので、ご関心ある方は是非上記各pickをご参照ください。世の中(特にNP)には孫さん信奉者が多いし、僕も尊敬する経営者であるが、立派な経営者であるためにも、利益相反取引と株主・投資家の保護には人一倍敏感であってほしい。

時間がない方のため、サウジ等LPとSBGの利益相反とは何かについて、過去pickから短く抜粋しておきます。
****
ソフトバンク・ビジョン・ファンドのGP(運営者)は実質ソフトバンクである。そしてソフトバンクは、サウジアラビアや他の出資者(LP)に対して、その利益を極大化するという受託者責任(忠実義務・善管注意義務)を負っている。その一方で、ソフトバンクは、自社の株主に対してその利益を極大化する善管注意義務を負っている。
ソフトバンク(SB)とビジョンファンド(VF)とは、構造的な利益相反が多くあり過ぎる。先ず第一にSBとVF双方が投資をしていること。SBが儲かり、VFが損をしたら、当然VFの投資家(LP)からは、不満が出る。もう一つは、孫さんは、上場企業の社長でもある。株主とLPどっちを優先すべきかの問題が発生する。ちなみに、グロービスは、VCも運営するが、双方の利害関係をクリアにしている。(株)グロービスは非公開で外部株主はほぼ皆無で投資家利益の最大化に注力でき、(株)グロービスからは原則投資をしない。する場合でもファンドに優先権を与えている。
これだけ大きなファンドなので色んな人の思惑が蠢く。関係者の中にはMBSに対して不満を持っている相手もいるだろうし、ただビジネス観点だけでなく、サウジやアブダビの政争にも巻き込まれるからすごく大変そう…
サウジPIF、アブダビMubadaraとの対立はWeWorkの件あたりから既報(①)。
一般論としてファンドは「何をやっていい、ダメ」というガイドラインがあると思うのだが、それがどうなっているかが気になる。
また、資金についてはコミット額であって、実際の案件があったときに入金をする形だと思う(②、だからブリッジローンの話が出てくる)。個別で拒否権があったらファンドの運用はできないと思うが、一方でこれだけ大きい金主という観点では関係性は重要。最悪の事態という観点で、解約などの条項がどうなっているのかも気になるところ。
なお、アップラウンドを主導して、それを営業利益に計上していることへのビジョンファンド・ソフトバンクGの会計上の課題は記事の通り、③でも蛯原さんが指摘されている点。
https://newspicks.com/news/3544664
https://newspicks.com/news/3451081
https://newspicks.com/news/3585382
当初から懸念されていた利益相反ですね。今さらどうしたんだろう、という気もします。当然その辺りの決め事がないと案件ベースでは不満が出るに決まっています。
"ビジョン・ファンドへの投資家は、ソフトバンクがまず自ら投資して、後にビジョン・ファンドに株式を移管するという手法にも不満を抱いている。"
不満を抱かざるをえない。汗😓「ソフトバンクは滴滴出行を59億ドルで取得し、ビジョン・ファンドに68億ドルで売却することで合意している」
ビジョンファンドのことは、結局孫さんしか語れないのですね。属人性が強すぎるのは、経営リスクにもなり得ますが…

しのごの言えるほど詳細分かっていません。
田中教授のリコメンドにあるように、配信動画で観てみます!
いやー、この現場調整大変そうだなあ。。。
まあ給料高いから仕方がないか。

それにしても少数大株主の方が公開少株主よりも声が通るという当たり前ながらの矛盾したところが気になります。