新着Pick
127Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
僕は官民ファンドの存在意義については一貫して否定しているが、投資したのであれば責任あるEXITをするべきだ。国の信用・政治力を使って再生を演出し、上場で一旦株価が上がったところで相当の株を売り逃げて、それで当時の経営陣に巨額の成功報酬が払われたというが、その後のJDIの惨状を見れば、そのバリューアップは中途半端で、しかも、EXITは無責任の極みだったと言わざるを得ない。民間のPEファンドであっても、EXITに際しては、その後投資先が永続的に発展できる先に株式を譲渡するものだ。

なお、中国がJDIに出資することについても、米中摩擦の関係から慎重に考えるべきだが、JDIはどう考えているのだろうか。責任ある対応をと願う。(以前のコメント再掲)
このディール自体については、仕事柄個別の案件にコメントできないのでなんとも言えませんが、一国民として言わせてもらえば結局産業革新機構とは何だったのか、という点については釈然としない思いがぬぐえません。
中小型液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)、中国や台湾の企業連合が筆頭株主となる見通し。
企業がうまく存続するのが第一です。
TPKは台湾人経営とはいえ中国色が強い。それを知らない人に対して、TPKは台湾色を見せて中国に対するアレルギー的反対を抑える効用を果たすよう、シルクロードに依頼され、引き受けたのかな。
もうジャパンディスプレイという社名も変えた方が良いかもしれませんね。中国資本で飛躍出来るのなら、それはそれで良いのかなと思います。

設立当初にあった意義、役割はもう意味の無いものになるのかな。

PDF『中小型ディスプレイ事業統合に関する基本合意書の締結について - 産業革新機構』
http://www.incj.co.jp/PDF/1314787292.01.pdf
日本の中小型液晶は鴻海傘下に入ったシャープを含めて敗戦の歴史であり、いずれもアップルという大口顧客の需給状況や製品戦略に大きく振り回されてきました。絶妙のタイミングでの巨額投資を必要とする液晶事業は、先の需給を的確に読み切り、かつ多様な供給先を確保して需給をバランスさせていかないと持続可能なビジネスにはなりにくい。技術力だけではない、総合的な経営力が必要とされるわけです。今回の中台連合からの資本増強により、不確実性の連鎖を食い止めるための知見やネットワークが補完され、JDIが生き返るのなら、「ジャパン」の名にこだわるより実を取ることを優先する方が得策だと思います。
中台連合と組めるのがベストだと思います。韓国とは政治的にも国民感情的にも組めないので、中台日連合で世界に勝ちましょう。iPhoneもPixelもその連合チームで作られています。
800億円で済むのか
JDIは「中国や台湾の企業連合から最大800億円の出資を受け入れる」との報道。
結局、再生出来なかった訳ですね。
株式会社ジャパンディスプレイ(英称:Japan Display Inc. 略称はJDI)は、ソニー株式会社・株式会社東芝・株式会社日立製作所の中小型液晶ディスプレイ事業を統合した会社。 ウィキペディア
時価総額
643 億円

業績