新着Pick
270Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
エスノグラフィックリサーチも有益ですが、一番大切なのは実際にユーザーになり使ってみること。

エスノグラフィックリサーチは、もともと文化人類学の分野で使われ始めた手法。
異国の地の文化を理解するのに、現場を訪れて観察したのが始まりだと認識しています。当時の研究者は「住み込み」をして、書籍からは理解できない身体感覚で対処を理解しようとした。

若者がSNSをどう使うか理解したければ、みんなスマホ持っているのだから、観察の前に使ってしまった方が早いよなと思っています。
観察より、相手の立場に実際になりきること。

もちろん第三者として観察するからこそ見えてくるものがあるとは思いますが。

Newspicksのこと知りたければ、このコミュニティの中に入ってコメントしないとわからないし、Twitterのこと知りたければ、ツイートして、自分のタイムラインつくってみないとわからない。

最近、情報だけで理解しようとする人と、実際に使っている人との理解度の差を感じることが多くなっているので。

※決してエスノグラフィックリサーチを否定しているわけではありません。
なるほど…
私も、最近では、最近の若者は理解を超えているわ〜‼️とよく叫んでいますが、意外にもライフスタイルに似ていました!

「横になってスマホ世界に没頭する」に、ながら複数デバイス視聴…

私の家での生活を覗かれたかと思いました😅
単なる怠惰者と呼んでください…
世代の壁が超えられないのは今に始まった事ではないのだから、マーケターというお仕事は早晩AIに取って代わられて、なくなるんだろうな…。と思った次第です。
面白い記事でした。
感覚的に理解しようと思っても前提条件やバイアスが邪魔をして理解できないので、行動観察を通じて理解していくプロセスは有効ですね。

自分の場合、若い人と意見が違ったときは「チャンス」だと頑張って思うようにしていますが、新しい考え方や価値観に触れることはできます。その場で理解することはできませんが…。
おじさんが若者の感覚をネイティブに感じられないのは仕方ないと割り切ってかなりアンテナの張り方を変えてきている。
マーケットリサーチらリサーチするためではなく、ある程度ゴールを事前に設定する必要があるので、そもそもゴール設定がない状態だとあまり大きな意味はありません。

100%理解できなくても、適切な若い人に任せる事ができれば良いと思います。
当事者にならないとわからない。これは社会課題でも同じ。リサーチも大切だが、飛び込んでみるのが手っ取り早いだろう。
年齢じゃないよね精神の問題。個人差が大きい。