新着Pick
1032Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
んー、なんか想定内のことしか話してなくて物足りない。大きく伸びていくという感じがしてこない。ドラゴン堀江程度のコンテンツでTOP5の視聴数を叩き出してしまうのは微妙かと思う。しかもドメスティック。
〝(黒字化は)それ自体難しいことではないんです。売り上げを増やすか、コストを減らすかの話ですから。でもできる限り大きなメディアを作りたい。黒字化自体を目的にはしていません。〟

藤田社長らしいコメントです。
社員の誰もがAbemaTVは大きなメディアになると信じて、(AbemaTVの部署以外の社員も)日々それぞれのドメインで仕事をしています。
これから出てくるオリジナルドラマ、一視聴者としてもとても楽しみです。
Abemaはポジショニングが難しい。高品質ドラマではNetflixやAmazonなどが、スキマ時間の暇つぶし短尺動画はYouTubeやTiktokが、濃いファンとのコミュニケーションはライブギフティングが、スポーツはDAZNが。バラエティやティーン向けリアリティショーだとサブスクはそこまで行かないと。全方位は苦しいのでどこで突き抜けていくのか注目
情報量が多いインタビュー。数字として一番面白いのはリアタイ(リアルタイム)比率が5%に過ぎないこと。 使われ方はやはりVOD的であり、同時視聴を前提としたテレビ型広告モデルはやはりハードルが高そうだな、という印象。だからこそ確立したら強いわけですが、強化していくというドラマこそ基本的にはリアルタイム性は低いもの。本当に話題になると、すぐにTwitterなどでネタバレするので、そうならないためにリアタイする、という行動も若者にはあるという記事もありましたがどうなんでしょう。
ドラマでは先日TBS×paraviでやっていた「新しい王様」のように、シーズン1は地上波もやり、続きはネットだけ、というのも一つの形かな、と思いました。シーズン1で全く完結しなかったのでずっこけましたが、、
もしはじめからドラマメインのビデオ課金だ、と言っていたらここまでユーザー獲得できていなかったはず。この辺りで編成配信を小さくしてドラマコンテンツに注力したら儲かるんでしょうけどやらないんですよね。多分。
編成ライブ配信はコストと手間の割にキャッシュポイントがスポーツとアイドル以外あまり見当たらないんです。
"ドラマのようなコンテンツは、リニア(編成された時間通り)で見ている人は総視聴者数の5%ぐらい。95%の人はオンデマンドで見ています。"
情報てんこ盛りのインタビュー。

格闘技、プロレスはabema放送に負んぶに抱っこで放送していただいてる状態だと僕は見ています。この状態のままだと、放送していただいてるの領域を脱することが難しいと思っているので、一緒に何かを作る状態にまでしていけたらなと思っております。試合に向けたプロモーション、「格闘代理戦争」のような番組。一緒に何かを作っていくことを今年は大事にしていけたらなと思っております。

プロレス団体「DDT」は子会社化しています。今後、格闘技でも独自の大会をやっていくような流れになるのではないか。僕の勝手な予想ですが。
本当、動画の主戦場はドラマだと思うんですよね。中毒的に連続性があるし、共感を作りやすく話題のネタになる。そしてドラマからは時代にマッチした様々な流行が生まれ、社会をリードする程の影響力さえ持つ。コンテンツが大切な時代だからこそ、私も賭けるべきなのはドラマだと思います。
なるほど!とても勉強になる。ここまでの差がリアルタイムとオンデマンドで出るのであれば、益々Netflixのような課金モデルの方がネットテレビには向くと考えるのが素直だと思うのだが。「広告」にアイデンティティのあるCAが作るネットテレビは世界的に見ても珍しいビジネスモデル。どのように完成度を高めて行くのかとても楽しみ。
“例えばドラマのようなコンテンツは、リニア(編成された時間通り)で見ている人は総視聴者数の5%ぐらい。95%の人はオンデマンドで見ています。”
テレビ放送は、テレビがある場所で放送されているその時でなければ見られないという不便さによって、テレビ離れが進んでます。ネットの良さは、いつでもどこでも。AbemaTVはなぜわざわざ不便なテレビを追いかけるのだろうと不思議でした。
それと1000万WAUを達成できればマスメディアになったと言えるのかも疑問です。というかマスメディアになろうとする必要はないのでは。
Abema TVにはテレビにはできないことをしてほしいです。それは過激な演出などの安易なものではありません。視聴者がテレビに対して感じている不満や違和感を掘り下げて見つけ出すべきです。ユーザーや視聴者は意外に知的好奇心が高いです。カネをかけなくてもできることはあるはず。
今までにない新しいメディアを創るつもりで頑張ってほしいです。
藤田:超有名人の方をブッキングしてという企画で、簡単にいうと断られた。話を聞いたらちょっと無理でしょうと思うような話を、なんとか口説き落とそうとしました。
年末特番も、もちろん長い時間をかけて交渉したんですけれど、他にも機を見るにこのタイミングでやるしかない、というものを企画していました。それが実現に至らなかったというのは2018年の反省点ではあります。
株式会社サイバーエージェント(英称:CyberAgent, Inc.)は、Ameba(アメーバブログ)関連事業とインターネット広告事業を主とする企業である。本社は東京都渋谷区に所在。 ウィキペディア
時価総額
5,955 億円

業績

関連記事一覧
サイバーがアベマの赤字を許す本当の理由
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
959Picks

AbemaTVに電通と博報堂DYが資本参加。広告拡販やコンテンツ調達協力
AV Watch
572Picks

「AbemaTV」、海外から視聴できるように
ケータイ Watch
220Picks

サイバーエージェントの「AbemaTV」、慶應義塾大学 満倉研究室と産学連携 -動画メディアの広告配信におけるユーザーストレスに関する共同研究を開始-
RTB SQUARE
8Picks

電通と博報堂DYメディアパートナーズが「AbemaTV」に出資--広告拡販などで連携
CNET Japan
7Picks

サイバーエージェント、3月1日より「Abema Towers」への移転を順次開始 メディア事業、ゲーム事業、全社機能が「Abema Towers」に
Social Game Info
5Picks

AbemaTVが番組や出演者のサポーターになれる「応援機能」を追加
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
4Picks

「AbemaTV」が全世界からの視聴に対応 海外在住・旅行中の日本人による視聴を想定
MarkeZine
3Picks

【高論卓説】人気の「AbemaTV」に学ぶ 新事業に必要な3つの法則 山田俊浩氏
産経ニュース
2Picks

「AbemaTV」、アプリストア売上ランキングで上位定着 本開局3周年前日には過去最高の34位に 月額960円の定額会員数が伸長、すでに40万人突破
Social Game Info
2Picks