新着Pick
114Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
地域の特性に合ったMaaSをどのように提案し、組み立て、実現維持していくのか。
これについては公共交通事業者、コンサル会社、行政などリーダーシップを取りたいプレーヤーが多くいます。クルマ事業者としてのトヨタは、ここでのアドバンテージを獲得するために、あらゆるメニューを用意しなければならないと考えています。これは大変な負担ですが、フルメニューを用意できてこそ、地域のあらゆるニーズに対応できるわけです。全方位戦略をとらなければ勝てないという危機感と行動がトヨタにはあるように感じます。
MaaSのような、他業種、多地域、多国籍でサービスを戦略的に、かつ一気に広めていくに当たっては、リーダーシップがより求められると思います。

それこそ日本では孫正義氏、世界でもジェフ・ベゾス氏といった、強烈なリーダーシップで市場を牽引するのが「一気に市場を作る」上では重要なファクターです。

トヨタがこの領域をリード出来るのか?そこに期待が集まりますね。
戦略とは一般に選択と集中。つまり何かを捨てるコトが必要。

そう言う意味では、まだトヨタは暗中模索段階とも言え、果たして戦略と呼べるかどうか。

マツダの方が明快に戦略を出されてる様に見えます。
MaaS戦略では、メーカーとしての発想ではなく、サービスデザインの発想が求められる。

どのように現地パートナーと組んで、ローカライズしていくかはポイントになってくる。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.7 兆円

業績