新着Pick

残業厳禁で「エア退社」横行…サービス残業、どんなリスクが?

弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
253Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「エア退社」とは言い得て妙。労務的視点でも経営的視点でも、過重労働や残業未払いに潜むリスクは、他の何よりも大きいと思います。経営層・管理職は、残業するなよ!以上!で終わらせないで、真剣に「捨てる・やめる」仕事やプロセスを考えるべきですよね。スタッフと一緒に。
だったら、しっかりデータに残して残業代もらいたいし、何より「働いた」ということを認めてほしい。
働いたことを認めてくれない会社なんて、やる気がなくなって、私だったら辞めたくなってしまうと思う。
「エア退社」とはまた、、笑

最近は、労基署やあるいは上場審査の場面でも、「類型的に、サービス残業が生じやすい、労働時間管理体制になっていないか」が、かなり厳しく見られるようになっています。
自己申告制などはかなり厳しくチェックされているようですね。

ただ、昨今のように、どこでも働けるようになっていると、退勤管理システムなどでどこまで厳密に管理できるかは、、、
そもそも法的な「労働時間」に該当するかどうかも、かなり曖昧になってきてますし。工場のラインのように、「そこの場所でしかできない仕事」なら、判断しやすいんですが。

ブラック企業が許されないことは言うまでもないんですが、法律の仕組みと現代社会との乖離も無視できないレベルになってきてるなあと感じます。
エア退社は昔働いていた職場でもありましたね。

指紋認証式だったのですが、退社申請をしてから仕事をしないと、会社から通告のあった残業合計時間を超えてしまう=課長からの呼び出し対象、という環境でした。

労働や生産性に関する情報や意識の欠如が問題で、個人というよりもマネジメントの問題ですね。
「残業代請求には2年の時効があります。つまり、10年間サービス残業を我慢しても、退職時に残業代請求をした場合は2年分しか回収できないということです。」
残業代の請求にも時効があるとのこと。

従業員の健康状態は勤務の管理を行う立場の人を含めて十分に行う必要があると思います。
株式会社SUBARU(スバル、英語: Subaru Corporation)は、日本の自動車などを製造する重工業の会社である。 ウィキペディア
時価総額
2.06 兆円

業績