新着Pick
359Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
重要なことを確実にやり遂げる。

「1-3-5 ルール」では、最重要タスクを1つに絞るのがいいです。

毎日それをやり遂げれば、確実に前進します。成長も自覚できるようになりますね。
書き出すことも大事ですが、優先度を明確化することも、生産性向上に必要ですね。
【書き出すこと】
本当に重要なことだと私は思います。
自分の考えがよくわからなくなった時にフローチャートにするなど、頭の中の整理方法は様々ありますが、根本にあるのは「文字にすること」だと思っています。

ニューヨーク証券取引所のエグゼクティブ・バイス・チェアマン、ベティー・リュー氏の「1-3-5 ルール」と比べて、自分の話をするのはおこがましいことは重々承知の上で…。。。

↓以前のPickした記事でもコメントさせていただいたもの↓
【人生を主体的に生きるために、「自分を棚卸しする習慣」を持つといい】
https://newspicks.com/news/2788696
【多忙な人ほど自分の棚卸しを(J-WAVE「PICK ONE」での内容】
https://newspicks.com/news/2881103/body/?ref=user_2876508

私は、1か月ごとに振り返りと見通しを立てる「棚卸し」を行っています。

私の場合にはなりますが、日々のタスクを書き出すだけだと、
その日を走り切ることでいっぱいいっぱいになってしまい、1 ヶ月後、3か月後…と気が付いた時にはあっという間に時が過ぎていて、振り返りを忘れてしまうことが度々起きていました。
確かにやらなければいけないことはやっているのですが、所謂”ハムスター状態”です。
それを脱却するために始めたのが、毎月の「棚卸し」でした。

タスクや目標をデジタル的に書き出す(PCやスマホなど)方もいらっしゃるかと思いますが、私は専ら「アナログ派」。
その時々で思ったこと、やらなければならないこと、できていないこと、やりたいこと、目標など…。
ノートにどんどん書きだしていきます。
他人から見たら何を書いているのかわからない程、ぐちゃぐちゃなページもしばしば(笑)

個人的に感じているのは、人間って思った以上に不器用な生き物なんだと。
同時に色々なことを進められる人は、きっと自分なりのペース作りと頭の中の整理がきちんとできているのだと思います。

1日24時間。1年365日。
人に与えられている時間は平等なわけで、それをどのように調理するのか。
成長への鍵はそこに隠されているように私は思っています。
やはりタスクを毎日書き出すというのは大事なの作業なのですね。
(個人的には話で恐縮ですが、昨晩は将来叶えたい夢を100項目書いていましたが、70数項目挙げたところで寝てしまいました。なかなか100となると大変です。)
夜寝る前に、ふとんの中で「今日はやりきった!」と思うか、「もっとできた。。。」と思うかでQOLが全然違いますな。

やりきった感醸成のためにはリスト化は有効ですよね。
日本の生産性を高めないと行けないのは必須ですが、働き方改革的なことばかりではなく、単純にもっと勉強したらいいのでは。知的労働は特に。

間違った方向にめちゃくちゃ効率よく進むのが、一番生産性低いのではないでしょうか。

シンガポールとかみたいに企業の教育費を3倍損金算入できるようにしたりすれば、どんどん人材育成投資をするのではないかと思います。
todoリストのさらなる技、追加の一手間で取り入れやすい。

そして持ち越すのは小さいものを〜。
一日一日をやり切る、悔いなく過ごすための工夫は精神衛生を良好に保つために大切ですね。