新着Pick
415Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
暗号通貨については、一時期あったような「従来型法定通貨に置き換わる」ような特定の暗号通貨が広く通貨として普及する可能性は低いと考えています。世の中の殆ど全ての生活者が既存国家の国民としての活動を主とすることを最適と選択し、その国家が通貨発行権等を有していることを前提とすると、各法定通貨が主に利用される通貨であるという状況が変わることは困難だと思います。
ただ、本記事で述べられているように、地域やその他切り口のコミュニティ内で暗号通貨が普及する可能性はあると思いますし、個人やコミュニティへのエンパワーメントが加速度的に進むなか、そうした暗号通貨の創造・流通が活発化していく可能性は高いと考えており、更にそのようなコミュニティ通貨間の交換メカニズム及び手段が整備されていくと、法定通貨の重要性は相対的に低下するというシナリオはあり得るかもしれません。
何百万種類もの「通貨」というのは、「黒い白衣」のような形容矛盾ではないか。何百万種類もあればそれは通貨というより有価証券で、銘柄の違いだ。決済手段としての通貨として機能するなら国家主権の数だけあって、機能としてはいずれ収斂する。現代のドルのような具合だ。