新着Pick
99Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
競争力のある価格にまで下げられるかですね。
2018Q4のプレミアム価格帯(400ドル以上)では、SamsungとOnePlusに続く3位となっている。まずは、この価格帯でトップシェアとなれるか。OnePlusとは価格差があり、Samsungも決して安くないGalaxy S9 Plusが機種別で3位にランクインするくらいに売れている。ただ、プレミアム価格帯で5割を取れても、全体の数%にも満たない(2018年の調査結果をベースに考えると)。Huaweiの成長も考慮すれば、今年以降は取り巻く環境が一層厳しくなる。

大きなシェアを獲得するには、400ドル未満の更に競争が激しい価格帯に割って入らなければならないが、旧機種の値下げがでも難しいのではないか。
中国と同等の10%以上のシェアを取れるかは、インドの経済成長スピード次第。Appleブランドが今の価値をそれまで保てるか。

『Samsung Led the India Premium Market for 2018, OnePlus Led Q4 2018 - Counterpoint Research』
https://www.counterpointresearch.com/samsung-led-india-premium-market-2018-oneplus-led-q4-2018/
iPhoneを低価格にして、やや低機能にする路線はAppleの魅力を長期的に下げていくと思うので難しいところですが、
ただスマホじゃないところで勝負かけることこそAppleらしいところ
Foxconnが、中国以外にも工場を広げるのは、多額の関税を支払わなくて済むからという側面と、中国生産した商品を売れなくなる可能性があるからでしょう。理に適っています。で、Foxconnは、Appleの生産だけではなく、HuaweiやXiaomiなどの生産もやっていますね。競合他社はすでにインドでの生産をやっていて、iPhoneの関税が安くなれば、今よりは、ましな状況を作ることは可能ですが、競合他社のインドでの生産も増えるので、どこまでメリットがAppleにあるかは、微妙だと思います。Nakamura Hisashiさんが考察してくれている通りだと思います。
アップル社は目先の出荷量の増減よりも、ブランド維持、サービス領域の拡張に集中できるかが生存の鍵だと思います。現社長、ティムが作り上げたサプライチェーンの精密さを崩さず、インド製造へシフト出来るか。

それぞれの製品が優れているが故に、カニバリズムが発生してしまうのもグローバル企業の悩みですが。。

以前ほどの存在感は薄れてきているにしろ、当面は勢いが継続すると思います。
ルピーが安いから?
アメリカにも建てるしインドには昔からかなりの規模をコミットしていた、しかし肝心のiPhone自体の出荷は見合うだけ伸びているだろうか
iPhoneの価格を下げられるかどうかは工場の人件費にかかっているので、インドでどの程度コストを下げつつ、クオリティを維持しながら生産できるのかは大きな挑戦だと思います!
アセンブリだけならば原価削減効果は限定的になりそうです。

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
243 兆円

業績