新着Pick
912Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
何度も転記していますが再び。これしかないと思っています。

https://newspicks.com/news/1371862?ref=user_527032

ネイティブ・スピーカーではありませんが、英語に苦労しません。
よほど専門的な番組でない限り、字幕は必要ないです。

でも、それは40歳ごろから急速に英語力が伸びた結果です。それ以前は留学経験はあるものの、正直、平均的な日本人にちょっとプラス程度でした。

日本人は英語が話せない、と言いますが、本当に問題なのは聞き取れないことです。聞き取れないから相手が何を言っているか分からず、当然、話せないのです。

聞き取るようになるためにはシャワーのように英語を浴びるしかありません。目安は1,000時間です。1日3時間だと1年、1日10時間だと3か月、英語をシャワーのように浴びれば、英語が英語として聞き取れるようになります。ポイントは短期間で集中的に1,000時間聞くということです。

私のおすすめの方法はアメリカのテレビドラマをみることです。アメリカのamazonから買えば激安ですし、NetflixやHuluもあります。最初は、英語字幕で、慣れてくれば英語字幕なしで見ます。
特におすすめは法廷ドラマです。喋る量が多いので情報量が圧倒的です。ドンパチだけの24とかはあまり役に立ちません。

ご参考になれば。
岡田さんが「学びのアップデート」をテーマに語ったWEEKLY OCHIAIもぜひ合わせてご覧ください!https://newspicks.com/news/3639429
基本的に実力のつく勉強方は、挫折するものでいいと思うんです。熱量の高い人、熱量を維持できる人が確実に力がつけばいい。熱量は、英語の枠を大きく超えないと発生はしなく、そのマグマは人それぞれの自己中3.0であるべき。それを見つけられれば、成果は必ずでるのです。

自己中3.0は、
https://www.linkedin.com/pulse/%E6%9D%BE%E6%B0%B8%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E6%B0%8F%E8%87%AA%E5%B7%B1%E4%B8%AD30%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%8C%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%9D%A5%E3%82%8B-satoshi-ebitani
この連載について
NewsPicksアカデミアでは、第一線の実践者によるMOOC(オンライン講義)、イベント、ゼミ、書籍、記事を通じて、最先端の実学を提供。多分野の実践者が集う「学び場」をプロデュースしていきます。