新着Pick
238Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
成功する起業家には連続起業家が多いと言われる中で、最初の起業で、しかも学生起業で、ここまで世界の人々の生活を一変させた男がこれまで居ただろうか。

賛否両論あると言われる中で、15年も世界トップ企業の経営者として走り続けている重圧はどれほどのものだろう。

未だ34歳。
世界で最も可能性のある若手起業家であることは間違いない。

様々な苦難を乗り越え、
彼の創るまだ誰も見ぬ未来がとても楽しみで仕方ない。
NewsPicks上ではその気配が全く感じられませんが、アジア時間では本日は元旦。ザッカーバーグ奥さんもチャイニーズ系で中国シンパは有名、家では祝っていた事でしよう、新年の抱負のような心持ちもありるのではと。

昨年はザッカーバーグにとって今までで最も大きな挫折だったでしょうが、企業年齢15歳で世界時価総額上位企業を作った自らも30そこそこの末恐ろしい天才の決意表明。
27億人のユーザーは異常ですよね。。。
国家より宗教より影響力を持つ企業ですね。

ただ株式会社なので、国家とか宗教みたいに私欲に走って独占的になりづらい(結局、利益と株価なので)っていうのは、人類の救いかも笑
27億人が利用して時価総額53兆円企業をわずか15年間で作り上げた偉業。まだ34才。Facebook創業当初からみてるけど、凄く色んな困難を乗り越えてここまできているので、今の逆風も確実に乗り越えて、更に大きな偉業を果たしていくと思う。
Facebookも色々と問題を抱えていますが、下記の内容はその通りだと思います。
インターネットがなかった時代は、近所の人々の見解や関心が自分とは異なる場合、自分と同じ関心を共有するコミュニティーを見つけるのは今よりも難しかった。
今は、誰とでもつながれるし、自分の言葉で意見を発信することができる

ザッカーバーグ氏のFacebookでの投稿はこちらから
https://facebook.com/zuck/posts/10106411140260321
Facebookによって、コミュニティが進化し「実名のオンラインでのつながり」が生まれました。

また、コミュニケーションも進化し、「日々の足跡へのコメントとリアクション」が生まれました。

日本でのFacebook拡大期はビジネスユースが多かったので、仕事とプライベートのつながりが融合し、フラットな関係が増えました。

Facebookが出来る前からの巨人であるGoogleが、SNS領域に進出してもうまくいきませんでした。

Facebookの誕生で、人類の保有するデータ量は飛躍的に増えました。

未来の歴史学者が見たら、人類の進化の分岐点となったことは、間違いありませんね。
SNSは、2004年のフェイスブック以前から存在していたし、日本では同年創業したミクシイが市場を制しようとした時期もあった。でも、15年経って、生き残ったのは、フェイスブック。何が違ったのか。ザッカーバーグやサンドバーグの経営力のすごさはもちろんだが、2007年のiPhone発売をきっかけに、あらゆる人間がネットと常時接続する時代にぴったり呼応するサービスを展開できたことが、とても大きいのでは。日本でいうとミクシイは明らかにスマホ対応が遅れた。メディア・ハードの最大の革命であるスマホの誕生、という時流を成長期にがっちりつかんだこと。これが大きかったような気がする。
ソーシャルネットワークが人生にメリットをもたらしたのは100%間違いないと私も思います。ただし、それに匹敵する新たなデメリットももたらしました。国家より力を持った企業と人々はどう付き合えばいいのでしょうか。
"Facebookなどのソーシャルネットワークが社会にもたらす変化に不安を感じる人もいるが、究極的にはソーシャルネットワークはメリットをもたらしていると述べた。"
15年前から現在に至るまでのユーザー成長は、英語記事だが下記が分かりやすい。
https://newspicks.com/news/3649201
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
52.2 兆円

業績