新着Pick
1296Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
値踏みされてる朝倉です。
英語が得意でもなく、苦手意識しかない自分が参加していい対談企画なのやらと思いつつ、メソッドに興味があったこともあり、恥を忍んでお話ししました。
以下、ド下手な自分を棚に上げた所感です。

英語の巧拙や学習法を話題に上げる際、異なるレベルや目的が混在しているように感じることが、ままあります。
サバイバルレベルの英語であれば、15歳で単身オーストラリアに移った時も困ったことはありません。中学生レベルの英語で十分に事足ります。
同様に、ビジネススクールの足切りを超える程度のTOEFLスコアを取るのも、結局はペーパーテストの反復練習なので、愚直にやればできる話です。

またビジネスでも、相手が自分に興味関心を持っている状況であれば、どれだけ下手な英語でも相手は真剣に耳を傾けてくれます。
難しいのは、相手が全く自分に関心がない状況です。ピッチであれ、社交の場であれ、どれだけ相手の懐に潜り込めるかが重要ですし、気を引くネタや、発音、ピッチも含めた最低限の語学力が重要なのだと思います。
英語が下手なノンネイティブスピーカー相手だと、どうしても相手の理解力を不安に感じてしまいますが、逆もまた然りで、相手も同様に感じるのも無理からぬことです。

この点「英語はもはやGlobishなんだから、発音なんて気にする必要はない」という意見もあろうかと思います。ただこれは、サバイバルレベルや、相手が自分に関心を持っている状況、ノンネイティブ同士の会話、或いは語学力がなくても、よほど社交力があるケースではないでしょうか。

英語でのコミュニケーションを因数分解すると、語学力、社交力、コンテンツへの興味に分けられると思っています。
この点、オックスフォードなどでは週3回、学校行事で強制的に知らない人と同席するディナーを催され、社交力を鍛えられるそうです。
自分の社交力に自信がなければ、せめて多少の語学力は鍛えねばいけないんじゃないかと、自戒を込めて思う次第です。

なお、E4Eの体験授業はいわゆる英語のレッスンというよりも、根拠に基づいたトレーニングという印象でした。会話で苦戦した体験を持つ僕のような方には向いているのではないでしょうか。
英会話上達のコツは、継続的にリアルの場で話すのみ!です。毎週1回1時間のネイティブとの会話、よりも毎日10分の英会話の方が日常会話が上達します。英語は、フレーズ・まとまりで学ぶ方が単語単語で学ぶより30倍早く覚えられます!そのためにNewsPicks英語版(Quartz)オススメ。よく使うフレーズがちょいちょい出てきますし、ビジネス英語のためにもなるので(私も最近使い始めましたが)。
私も国際機関で働いていた時期がありますが、カタカナ英語で支障を感じたことはありませんし(自分が鈍感だったというケースは除きますが)、これは外資系金融機関も同様と想像します。

ただ、文章にやたらカタカナフレーズを挿入してくる人の方が私は値踏みしたくなる性分です。
いいですよ、phonics ムスメ#1の幼稚園でやってます 大体の単語は、文字から読めるようになりますねぇ

アプリでなくてもいいんですが、コレですかねぇ、よく子供番組のCMで見るのは

https://www.hookedonphonics.com/

あ、カタカナエイゴは「エイゴみたいなニホンゴ」って説明してます ニホンゴ中にでてくると「それなーに」って聞かれるので
英語は話せた方がいいし、流暢に話せたらもっといい、これに間違いはないと日々仕事をしていて思います。いますぐでなくても、いつかは、、、と思いがちですが、英語が話せなくてやりたかった仕事ができなかった経験があります。

"ちゃんと"話せることはもちろん大事なんですが、もっと大事なのは話すこと。バッターボックスにまず立たないと意味がありません。値踏みされる時もあればそうじゃない時もあります。

日本人はどうしてもしっかり中高で勉強をしてしまっているので、ちゃんと話せないとダメな気がする、とかちゃんと話せなかったら恥ずかしいと思いがちと言われます。だから記事にもある通りテストの点は高くても喋れない。
流暢に、いい発音ができたら話す、とよく聞きますがそれはネイティブレベルなのでしょうか。そしてそれはいつ身につくのでしょうか。
そんないつかを待つくらいならまずバッターボックスにたつ、をいろんな人にオススメしたいです。
アメリカでは、アジア系のアクセント自体には誇りを持っていいという考え方がありますが、それは日本のカタカナ発音という極端を許容するという意味ではありません。言語は通じなければダメなのですから、発音に留意せよという議論は必要と思います。
朝倉さんのおっしゃる、英語コミュニケーションを因数分解した要素となる「語学力」、「社交力」、「コンテンツへの興味」って本当にそうだと思います。
ただ、やっぱり社長などのリーダーに求められるコミュニケーションは、その3つがバランスよく高ポイントを取ることを期待されていますし、それは英語という言語に限らず、自国の言語においても言えることのように思います。
カタカナ英語VSネイティブ発音英語

日本人にとっての永遠のテーマですね。
私は、場数をこなしだんだん発音が綺麗になって来たとアメリカの友人達から言われますが、それは、ネイティブ発音英語を目指したわけではなく、単に場数をこなした結果です。

だから、英語をツールとして使いこなしたければ、

カタカナ英語VSネイティブ発音英語

にはあまり拘らない方が良いと思います。
まぁ確かに、アメリカで可愛い犬に、sit が通じないとちょっとショックだけど…
僕の在米東海岸の国際機関経験では、(周囲の日本人も)カタカナ英語でも問題ありませんでした。たとえば当時のチーフエコノミストのDr Basuも極端なインド訛りでしたし…あくまで話す内容かと
>振り返ると、カタカナ英語をしゃべる私は、きっと、相手方からは、かなり低く値踏みされていたんだと思います。

【追記】
コメント見て考え改めたのは、「国際機関(国連、世銀など)ではビジネス英語としての要求水準はさほど高くないのかも…」という点です。理由として、欧米圏レベルの英語をまんまトレース必要が高い要素として、
1. 日本人側がセルサイド
2. 英語ネイティブがバイサイド
3. バーバルコミュニケーションの重要度が高い(接待、日常会話など)
が挙げられます。

つまり、国際機関は
1. 基本バイサイド(お金を出す側)
2. 英語ノンネイティブが多数派
3. 非バーバルコミュニケーションの重要度が高い(文献、統計など)
のため、英語要求水準はさほど高くなく、日本人がセルサイドかつネイティブ欧米人がバイサイドで接待も多くある日系商社の方が要求される英語レベル遥かに高いかも知れません
「英語が上手いね、からはやく脱したい」。レベルの高い話です。
米国で修士号を取った某外資系企業トップの先輩も「発音」に言及されていました。
昨年、発音特化の学校に通いブレイクスルーしたそうです。

英語は、現状レベルと使用シーン、目的で必要な勉強方法が異なる。