新着Pick
211Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
明るいニュースではありますが、なんといっても、テスラの正念場は、3/1に期限が来る転換社債の償還。残り1カ月で、株価を2割近く上げなければ、過去最大の約1000億円分の社債を償還しなければなりません。

今の強気のニュースは、株価を上げるための施策とも取れる気がします…
テスラが強気。モデルS(大型セダン)→モデルX(大型SUV)→モデル3(中型セダン、430万円)→モデルY(今回新型、中型SUV)の計画が出たニュース。しかも価格帯は、モデル3より安い価格帯になるらしい。モデルSやXは800〜2000万円くらいの価格帯(オプションにより大きく変化)に対して、モデル3はかなり普及モデルになったものの、それでも充分高いので、それをさらに下回る価格帯で、かつ、人気のSUV(Sport Utility Vehicle)として投入され、さらに黒字も継続して狙うという。モデル3は、まだ国内ではデリバリースタートしてないのですが、米国で実車に乗りましたが、超シンプルでモダン家具とシンプルインテリアが合体したような、ミニマルな空間。僕はああいうの好きです。モデル3からハンドルを外せば、完全にインテリア空間ですよね、それが自動運転レベル4の世界でしょうか。
https://car-repo.jp/blog-entry-858.html
どのモデルをいつ売るかは定かではないですね。

『一連の話を総合すると、モデルYは2020年末には量産に入るはずだ。』

モデル3をコスメティックSUVにするだけでモデルYとして販売価格を上げられますから、効率のいい商売ではあります。

元々テスラは床下にバッテリーユニットベタ置きですから、その分床が高い。
SUVとして屋根高上げた方がパッケージは楽ですね。
テスラ潰れたら世界不況になりそうだから頑張って欲しい笑

多分、彼らにとって重要なのは量産体制と品質改善。
需要に合わせた量産体制を整えられるか。と、時々聞く不具合等の改善を地道にできるかどうか。

それらをクリアすれば、彼らのブランド力さえあればイージーゲーム
国内では夏からモデル3の販売が開始されます。航続距離よりもハイパフォーマンスに振ったテスラのピュアEV戦略に記者は注目しています。
Elon Musk is thinking about changing Tesla’s ‘S3XY’ naming convention after the Model Y
https://electrek.co/2016/07/30/tesla-vehicle-naming-convention-sexy-model-y-elon-musk/
黒字転換して攻めの時期へ >イーロン・マスクが明らかにしたのが、中型SUV「モデルY」の生産開始時期と、年内にもピックアップトラックを発表する可能性だった。
最初から低価格モデルも売ってくれるのかな。
それとも高価格モデルが優先になるのでしょうか。
香りが続くシャンプー(ってE感じ)
時価総額
3.59 兆円

業績