新着Pick
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
深圳に拠点を置くBGIは、2020年までにヒトの全ゲノム解析を100ドルで行えるようにすると発表しており、とても注目しています。
ゲノム解析という「繊細」な事業を運営しながら、M&Aなどの「大胆」な経営で成長する、教科書に載りそうな事例。

=引用=
・ゲノム解析事業を展開するBGIは、従業員の数が6,000人を越え、いまも成長を続けている。
・2010年には米国の巨大バイオ企業イルミナ(illumina)の高速シーケンサー(塩基配列解析装置)を128台購入。
・2014年までに、BGIは世界のゲノムデータの少なくとも4分の1を生み出す世界最大のゲノム解析企業へと成長した。
・現在は2013年にイルミナの競合にあたるシークエンサー開発企業コンプリート・ゲノミクス(Complete Genomics)を買収し、シークエンサーの自社開発に乗り出した。

つまり、イルミナのお得意様から、いきなりライヴァルとなったのだ。この立場の急変具合がいかにも中国らしい。

=追記=
「中国らしい」で片付けず、日本含めた他国も見習うべきかと。業界や競合の境界線は、どんどん曖昧になっていく。
AI &遺伝子のインパクトは大きい。
遺伝子組替えで人はどこまで長寿になるだろう、
また遺伝子の売買とかも行われる世の中になるのだろうか、
華大基因は昔からビルゲイツ財団と共同研究したりしてる