新着Pick
36Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事を読んで思うことは二つ。

一つは、明らかに内部の人がメディアに色んなことをリークしている現状に対して、組織マネジメントの弱さを感じるということ。

もう一つはこの施策の苦戦にあるボタンのかけ違いは、
意図的ではないとするならば、やり方を変える、やる場所を変えることで、現場のデジタル化は成功の可能性があり、改善することが出来ると言うこと。

方向性は間違っていない。
やり方が悪いのと、現場のマインド改革、協力体制の整備が必要だと思います。
何事も運用イメージを詳細に意識することが重要なのだなと記事を読んで思いました。

キーワードとして「モノからコトへ」というものが出てきて、店舗でもデジタル化することで新たな顧客体験価値を生み出せるという流れで進んできていると思います。

方向性としては間違っていないと思いますが、実際に考えるべきところは、「モノからコトへ、コトからヒトへを、デジタル化でも実現できる運用力」だと思います。

「顧客」だけでなく「現場担当者」というヒトを中心に、どういった「顧客体験」と「運用」の両面からコトを創る必要性があって、ヒトとコトそれぞれの両面のバランスがデジタル化でも成り立たないといけないのだと。

週刊少年ジャンプで連載していた「暗殺教室」の作者、松井先生がNHKの番組でこうおっしゃっていたのを思い出しました。
凄いキャラクターを創るのは簡単だが、物語の中で運用できないと意味がないので、運用することを意識してキャラクターを創ることがポイントだと。

最後に、個人的に気になった部分はここ。
「杉江社長は、アプリ会員の獲得や、エムアイカード会員の情報を活用したデジタルマーケティングの強化を掲げている。だが帳場の客は、他社のクレジットカードや現金で高額の支払いをするケースも多い。杉江社長らが、実態を無視して露骨な会員情報の集約に走った結果といえる。」

日本人はポイントを集めるのが好きなので、クレジットカードも自分でポイントを貯めたいクレジットカードに集約する傾向にあると思っていまして、百貨店専用のカードの方がポイントが付きやすくても、毎日使う、普段から使うカードを利用する傾向にあると思っています。

キャッシュレス化という波もデジタル化に含まれているので、その辺りもヒトを意識するべきかなと思いました。
DXを何か特定のソリューションのように表現してるのが気になる。括弧付きにして記者は本来の意味はわかってるけど、揶揄するためにDXって言ってますよっていう趣旨に取れなくもないけど記者自身もDX理解してるのか?という感も否めない。それはそれとして何か内ゲバ感のある記事だ。
ややタイトルで煽り気味ですが。
株式会社三越伊勢丹ホールディングス(みつこしいせたんホールディングス)は、日本の百貨店の純粋持株会社。同社傘下として三越伊勢丹(関東地方の店舗を運営)をはじめとする各地方の百貨店運営会社などを所有している。 ウィキペディア
時価総額
3,601 億円

業績