新着Pick
218Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
タイトルの答えが本文に無い。
なぜ最高の投資だったのか。
結果か、原因か、プロセスか、ディールキャラクターか、それすらも曖昧。おそらく全てでしょう。そして中内功の売上が全てを癒やす、ではないが、結果が素晴らしい投資というものはディールを美化しがちなものです。
二人がフェイスブックへの出資を即決できたのは、「社会はこうなる」「世界はこう変わる」という自分なりの未来観を持っていたから、と感じます。下を向いて一言も発せないマークからその未来を読み解くには、受け身では無理。「実現させたい未来」を持つべきなのは、起業家も投資家も同じ。

(以下引用)
僕にとっては、ソーシャルネットワークというビジネスが今後すごく重要になっていくだろうという考えがあり、この分野をシステマティックに探っているような状態だった。
僕、Facebookの最初期にサインアップしていて、そのころはまだFBはハーバードの学生たち(←含ザッカーバーグ)が作った、大学生限定のSNSでした。MITはハーバードと同じ街にあったので、友人経由で招待が回ってきました。(たしか当時は招待がなかったらサインアップできなかったはず。)

当時、日本人の間ではmixiが全盛で、Facebookはアメリカの大学生同士で繋がるツール、という感じ。日本では誰も知らなかった。それがあれよあれよという間に全世界、全世代に広まった。そうなるなんて誰も思わなかったわけだ。先見の明って難しい。
相変わらず言いたい放題。「僕らの社会で、法律と経営は、何をすればいいかわからない人間が真っ先に勉強するもの」、「経営者がMBA取得者であることは、投資を判断するうえでのマイナス材料になる」。でも、PaypalにしてもFacebookにしても、最近ではPalantirにもピーター・ティールの周りにはこうした人材確かに全く存在しない
人とビジネスには相性がある。起業するにせよ、投資するにせよ、それを見抜く力が必要。特に共同経営者となると、お互いの相性とともに、ビジネスとの相性が大切というティール氏。

相手をみてビジネスとの相性がいいかどうかを判断するのは結構むずかしい。でも、これが直感的にわかる人が、起業家として、投資家として成功する。

フェイスブックに投資した時、彼らはこれまでにないビジネスとザッカーバーグとの相性を考えたのだろうか。無口でほとんど喋らなかった時に。起業家としての資質を感じたのだろうか。それが聴きたいなぁ。
リスクをとってハイリターンを得る起業家にとって必要なことは、不確実や曖昧に対する耐性だと思います。その意味でも、確実と思えるような保証的レールを求めている思考が強そうなMBAを取りたいと思うタイプは不向きであるという主張はメイクセンスします。

MBAに行ってみて虚しさに気づいて起業するタイプもいるので、結果論としてMBAホルダーでも良い起業家はいるという事実とセットで認識すべきとは思います。
誰の話を聞くか。ロールモデルにならない人に聞いても確かに基本的に反対される事は多いですよね→「自分の仕事が好きではない人間なんて負け組に決まっているし、そんな相手のアドバイスに耳を貸すべきではないと思ったんだ。」
ホフマン:そのとおりだね。きみが覚えているかどうか知らないが、あのミーティングには、なかなか愉快な思い出がふたつほどあるよ。ひとつはザックのことだ。いまではすっかり饒舌になったけど、あのときのザックはじっとデスクに目を落として、まったくしゃべらなかった。「何を話せばいいか」という点で言えば、ザックはとにかく無口だったな。
もうひとつは、ザックがこう言ったことだ。「このビジネスが気に入らなければ、別のアイデアもあるんです。ワイヤーホッグ(wirehog)というんですけど」って。きみ、覚えてるかい? あのP2Pファイル共有サービスのことを。
ホフマンは経営者がMBA取得者であることは投資判断においてマイナス材料になると言っている。MBAもロースクールもリスク回避志向が強い人が多く、ゆえにスタートアップに向かないという考え方は理解できますね。
言いたい放題で面白い。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
58.4 兆円

業績