新着Pick
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大都市のバスの赤字は当たり前です。政令指定都市の儲かる路線は地下鉄を欲しがる市民が多く、地下鉄は東京以外は赤字が普通ですから、バスへの補填までまわらないのです。京都の場合は、つまらないキャンペーンやイベント費用をバスサービスの改善に当てる方がよほど意味があるでしょう
京都市内は訪日客の増加で、利用客数が増えているのではないかという感覚を持っていましたが、そうではないのでしょうか?
純然たる生活路線の維持も公共交通の担う役割ではありますが、さすがに赤字幅が大きく持続可能な状況とはいえませんね。
市職員であるがゆえの固定費の膨張と、不採算路線の維持が要因という、いたってわかりやすい窮境要因なのでしょうが、これらの対応は公営のままでは一筋縄で行かなさそうですね。
乗り慣れると便利な市バス。
地下鉄東西線がまだ重荷になっている中での撤退、結構キツイですね。

バスはハイシーズンに稼ごうにも、めちゃくちゃ混んでます。
ならして乗ってくれればいいんでしょうけど、そう簡単にはいきません。
それに渋滞でバスが全然動かず、結局地下鉄への振り替えなどで対応していることがよくあります。

もう少しバス優遇にできないのかな、と思うこともしばしば。
今日からDeNAが東京で「0円タクシー」をスタートさせていますが、京都市も、全てのバスをラッピングにして広告収入を得ることである程度赤字を圧縮できるのではないだろうか。
バスのあり方もそろそろ考えないといけないですね…
京阪ホールディングス株式会社(けいはんホールディングス、英語: Keihan Holdings Co., Ltd.)は、大阪市に本社を置く京阪電気鉄道・京阪電鉄不動産・京阪流通システムズ・京阪百貨店・ホテル京阪およびその他の子会社を統括する持株会社。京阪グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
4,714 億円

業績