新着Pick
281Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
テクノロジーの発展によって、ものの見方・絵画の見方が変わることは、大いに評価したい。実際に体験すると、その面白さが分かると思う。
その反面、芸術家が何を切り捨てたのか、ということも重要ではないか。利用可能な技術の中で、芸術家は情報を取捨選択して、作品に仕上げたはずだ。3次元のものを、いかに2次元で描くのか。そこに、絵画の面白さもあるだろう。それなのに、また3次元に戻してしまえば、ちょっと興ざめするかもしれない。何でも見えればいい、というわけではない。
絵画の背景を知識として左脳で理解するアプローチと、VRで右脳で理解する今回のアプローチ。
作品の見方はテクノロジーで、さらに時空も超える日が来るかもしれない…。
凸版印刷のさらなる研究開発に期待大!
新しい楽しみ方が増えるのは歓迎なのですが、

絵画そのものからどれだけ深い体験を汲み取れるかということにこだわりたい気持ちもあります。。
これは面白い技術ですね。画家の意図とは違った世界が見えるのかもしれませんが、存命であれば、その画家が意図したものと、作られたものの間にどのような違いがあるのか比較するのも面白いと思います。
確かにフェルメールは遠近法、写実などで空間表現がうまいから面白いかも。逆に静物画とかだとその時代や画家の環境なども入れ込むと良いと思った。ゴッホとかセザンヌあたりで。
こういうの好きだなぁ。
視点を変える事で見え方が変わり、色んな想像が膨らむ。
アートに一歩踏み出せない人への気軽な入口としても良さそう。
グーグルアースを絵画に応用した感じ。
おもしろそう。ただ、アート作品として想像性を掻き立たせてくれるのが、二次元と三次元でどう変わるのかは気になるところですね。
奥行きや見えないものを想像するなど、自分の頭の中で想像することにアート作品の楽しみの1つがあるとして、それにどう影響してくるのか。
見てみたい。
二次元で描かれているものを三次元に鑑賞できると言うのは面白い。テクノロジーがアートに新たな視点を加え、より楽しくしてくれる一例だと思う。
第一印象は不自然。理学的なアプローチで不気味の谷を超えられずに忘れられるパターンではないかと。適当に輪郭検出して光源をいじって既存の画像から学習したアルゴリズムと照合して不自然だったら捨てるという最近のGAN的なアプローチでいけば良い線まで行きそうなのに。正しいかどうかじゃなくてそれっぽいかどうかなんだよな。
2次元から3次元への想像を具現化したなかなかスゴいモノだと感心。
これを見て、脳内で想像力を掻き立てるサポートとするか、見たままのものとして受け入れるか、分かれそうな気がします。
凸版印刷株式会社(とっぱんいんさつ、略称:凸版(とっぱん)、トッパン、英語:Toppan Printing Co., Ltd.、略称:Toppan)は、日本の印刷会社である。国内印刷業界2強(凸版印刷と大日本印刷)の一角で、世界最大規模の総合印刷会社である。 ウィキペディア
時価総額
6,564 億円

業績