新着Pick
137Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
言っている事は概ね妥当でしょう。ここでザッカーバーグが反論しているNYTの記事は話題になったが、ざっと読みましたが確かにディテールをよく調べてはいるが、大きなポイントにおいて新たなスキャンダルに繋がりうるような点はありませんでした。
というより冷静に見て、34歳のIT経営者でここまで成熟できるのか、と言う程にこの数年のザッカーバーグは発言、物腰、言動において優等生ぶりが凄まじいと思います。プライベート含めて何一つ失点が無い。よほど大企業の経営者や政治家のほうが昨今は叩かなくとも幾らでも埃が出てくるのと好対照。
NPでは擁護のコメントが目立ちますが、米国でFB、そしてトップ二人に対する風向きが大きく変わっているのは事実です。かねてから好き嫌いがあったザックはともかく、サンドバーグの取り上げられ方は、本当に激変した印象があります。同時に政治の世界では、民主党とシリコンバレーとの良好な関係が、曲がり角を迎えている気配もあります。新しい議会では、標的になるかもしれません。ここを越えて進めるのか。FBにとっては、正念場でしょう。
ザッカーバーグは一貫してるから信用できますよね。でも、フェイスブックはここ数年で抱える問題がより大きくなって来てる印象です。
5年前くらいは、個人をつなぐツールとして、個人間のやり取りがメインだったのが、それが宗教的価値観の摩擦を産みはじめて、今では国(政治)の問題と深く絡みはじめてる。

問題が
個人→集団(宗教)→国
とスケールしている。厳しいなー。。。
"ロシアの選挙介入に気付きながら隠ぺいを図り、外部のPR会社を使って競合他社への中傷キャンペーンを仕掛けていた"
これを主導したのはサンドバーグCOOだとNYTは書いていました。ザッカーバーグCEOはともかく、サンドバーグCOOの指示、というところがショックだったことでしょう。会社ぐるみなんですよね。
企業トップがしかも巨大とはいえベンチャーが政治や政策に公然と関与する感覚がどうにも違和感が拭えません。
さらに「フェイスブックとグーグルは“menace to society”」と非難したソロスに対しての嫌がらせは逆風を強める結果になっているかと思います
「世界観の違い」って言っているのが、おもしろい。たしかにそこの話だなって思った。

インターネット、プラットフォーム、社会をどう捉えるかで何が正しい判断か変わってくるのは、そうだなって。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
52.2 兆円

業績