新着Pick
264Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
みなさん指摘されるように「iPhone販売不振」ではなく、スマホの販売不振ですね。スマホ業界全体として、買い替えたいと思わせるような、新しい体験を提供できていないので、スマホ市場が停滞するのは、仕方がありません。
みなさんよくおわかりのように、売上を上げるためには、台数を上げる、単価を上げる、買い替えサイクルを短くするの3つ、またはそれらを組み合わせるしかありません。台数を上げることも買い替えサイクルを短くするのも無理ですから、Appleは単価を上げてきています。その結果として、iPhoneが売れなくなって、Appleが約束していた個数の部品を買ってくれないのであれば、斎藤さんが指摘されているように、部品メーカーも納入価格を上げるべきですが、Appleと部品メーカー関係は、王様と奴隷の契約関係だと推測しますので、それも出来ずに、悲鳴になるのでしょうね。部品メーカーもAppleに依存しない体制にしたいと思っていてもなかなか現実はうまく舵を切ることはできないのでしょうね。ただ、これは【序章】にすぎませんから、早めに動かれた方が良いと思います。
iPhoneの最新機種ばかりではなく、iPhone 8以前の機種も含めた、全体の販売台数で見た方が良い。最新機種が売れる事よりも、iOSのシェアを維持出来るか。

特に先進国でWindows的なポジションでいられるのは、3割前後のシェアであっても影響力が大きく、iPhoneファーストでサービスやアプリが開発されているから。
利益が増えているから良しとするのは、短期的にはそうだけど、販売台数とOSシェアを追い求めなければ、iPhone離れを加速させる。

スマートフォンの「次」でもAppleが世界をリードしていくには、2億台前後の出荷を継続して、いち早く次へ移行する必要があると思います。その為にも大手キャリア経由での販売が重要になってくる。
LumentumやIQEは3Dセンシング関連の部品を作っている会社。他のスマホには採用されていないからiPhoneの販売動向の影響を直接受ける。反面、日本の電子部品メーカーは相対的にはまだ良い状況。スマホ販売不振の影響は当然受けるんだが、すでに次の成長領域である車載市場拡大の恩恵を受けている。
だからこそ、iPhoneの高額化なのかもしれませんね。もう、感度が高い層しか買えない価格で売り始めたのではないでしょうか。一般消費者でもパッとわかりやすい進化でもないと、爆発的ヒットはなかなか。

折れ曲がるディスプレイや5Gはどうなるのか、注目です。
シグナリング効果というか、ある悪い状況に関する情報が出回っていると、それに引っ張られてサポーターが離れていき、また苦しい状況に、という悪循環に陥ってしまい得ます。
Appleは次の一手が打ち出せていない、また、現状その期待をかけにくいのが、行き詰まりというか辛いところですね。
確かに、スマホ市場そのものが飽和に向かい始めているという指摘が一番現状を正しく表しているのではないでしょうか?
次はなんなんだろうねー

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
99.0 兆円

業績