新着Pick
242Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
4-9月期の営業利益は1兆4207億円、対前年同期比+5459億円の増益となりました。大きな増益の牽引役は突き詰めるとビジョンファンド関連でのNVIDIA・OYOなどに対する評価益計上5037億円(対前年同期比+3094億円)です。
 ちなみに調整後EBITDAは1兆5833億円で同+1929億円増益、営業キャッシュフローは7827億円で同+345億円増加です。投資先の評価額の推移とあわせて、それらの投資が順調に現金として回収できるのか複眼的に見る必要がありそうです。
 ちなみに、孫さんのプレゼンでは第二のビジョンファンドについて現時点で新たな展望は語られていませんでした。粛々と現在のビジョンファンドを運用し成果を出して行くことに当面注力するということでしょう。
一言で言えば、危険極まりない収支構造だ。これだけのハイレバで、これだけの株式の価格変動リスクを取り続けることは到底健全とは言えない。
株式の評価益で嵩上げされた決算ほど脆いものはない。別の言い方をすれば、あまりに過少資本だということだ。

加えて、これまでキャッシュカウだった携帯事業も大幅な値下げリスクに晒されて、しかも、利益相反を無視して親子上場させるのだ。

サウジとのことを横に置いたとしても、物事が逆回転し始めたら本当に脆い。

以前の別pickご参照。
https://newspicks.com/news/3028699?ref=user_345620
https://newspicks.com/news/2832458?ref=user_345620
評価益が大半を占めるSVFの利益は、四半期や半期という単位では大きく変動するので、あんまり一喜一憂するべきではないと思います。ただ、その後のスモールミーティングでは評価益に貢献している企業の数が増えているという話がありました。以前は四半期単位でいうとNVIDIAなどの特定の企業2社ぐらいしか評価益に貢献していなかったのが、投資先のユニコーンの数が67社にまで広がったことで、四半期単位で見るとその期間に資金調達する会社の数が増えた、つまり評価益計上の機会が増えているという説明でした。

また来年以降は投資先企業のIPOが進むという認識を示し、それによって投資回収とSVFからの配当収入が見込め、それで負債削減もしくは自社株買いをしたいんだそうです。ハイレバと言われるが、実際はそんなにレバレッジは高くないんだけどね

携帯事業についてはそんな大幅な値下げリスクはありませんよ。ドコモの発表もあくまでも最大40%の値下げであって、実際の値下げ幅はそんなに大きくはなりません。同時に端末の割引も大幅に縮小するので、値下げロスの半分ぐらいは端末割引の引き下げでカバーできる。5Gは4Gと比較しても投資負担は軽くなるからROICは少し下がる程度。ドコモの大々的な値下げ発表は菅さんからのプレッシャーを緩和するためのPR的側面が大きい。キチンと分析すれば分かるようなもんだと思うが。

(追記)
親子上場自体は利益相反ではない。あくまでも親会社が過半数を保有していることを悪用して子会社のキャッシュフローを濫用することが問題。重要案件についてマジョリティオブマイノリティを必要とする規制を設ければいいだけのこと。実際、上場子会社と子会社を上場させている親会社で指数を作って比較すると、子の方が親を大きくアウトパフォームしてる。その事実は認識しておいた方がよい。
ビジョンファンドの貢献が主、なかでも短信によると
ーーFlipkart Private Limited(以下「Flipkart」)株式の売却完了に伴い投資の実現益 146,682 百万円を計上したほか、NVIDIA Corporatoin(以下「NVIDIA」)や Oravel Stays Private Limited(以下「OYO」)1などの投資先の公正価値が増加したことにより、未実現評価益 503,769 百万円を計上したことによるものです。ーー
とのこと。インド最大手コマースフリップカートの実現益1千4百億円計上は妥当だが、エヌビディア、OYOらの未実現分を5千億円強を計上するのどうか。砂上の楼閣が含まれていないのか、つぶさに見ないと額面通り受けづらい。
孫さん決算プレゼンに注目ですね。
ソフトバンク・ビジョン・ファンドの事業利益が半期で6487億円とのこと。スケールがデカすぎてもはや意味がわからないレベル。
このスケールまで行かないにしても、資本政策や投資の考えについて知ってる人と知らない人との可能性の差はどんどん広がる時代。そして、そもそも枠外してビジョンと戦略考えられる思考に行き着かないとスタートラインにも立てない。
教育も小さくまとまってる場合じゃないなと痛感させられます。
今世紀を代表する、偉大なグローバル企業ですね。事業ドメインがどんどんドメスティックなものから海外へとシフトしているのもすごいなと思います。
ソフトバンクモバイル、本体の営業利益が5000億円、ビジョンファンドが6500億円w NVIDIAやOYOの公正価格上昇による株式評価益ってどういう算出だろう?監査泣かせw リーマンショックの様な世界的株全面安の局面だとどうなるんだろう?!何れにしても規格外!
一連の事件への対応や冒頭での発言。
さらには、ビジョンファンドでの結果と今後のビジョン。

孫さんの安定感は半端ない!
本業以上にファンドの営業利益が増えているのも驚き。4割人材削減で、携帯部門のiPoタイミング正式日程発表がそろそろくるのだろうか
日本国民全員にハズキルーペ1本ずつ配っても余る!
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
10.1 兆円

業績