新着Pick
347Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今、CFOが全然足りない。ちょっと前に一部上場のCFOをはめ込んだけど(無償で)、どんどん頼まれる。AIベンチャーとかからも。でも難しい。挙げ句の果には、やってくれないか、とか言われる。無理無理。
ただ気をつけないといけないのは、会計士とCFOは要求されるスペックがかなり違うということ。CFOはコミュニケーション能力とバランス感覚。昔からの友人で結構、名が知られているCFOがロールモデルでいるからよく分かる。
会計士の方には、会計や監査の知識に加えて、下記を身に付けることをおすすめします。汎用性が上がり、引っ張りだこになります。

・ハードスキル → ファイナンス、ビジネス、英語
・ソフトスキル → サービス業の精神、リーダーシップ、チームワーク
11月13日夜、会計士の方限定で、会計士のキャリアを考えるイベントをやります!会計士というと、財務経理などコーポレート部門のイメージが強いですが、スタートアップのフロントサイドでの活躍という道もあります。登壇者もすべて会計士。UZABASEでも会計士がたくさん活躍しています!会計士のみなさんのご応募、お待ちしております。
知り合いの会計士のうち20代、30代の多くは、AI時代を見据えてかは分かりませんが、AIに代替されないキャリアを既に積んでいる方ばかりです。
これはたいへん興味深いイベント。
たくさんの会計士の方からキャリアについて話を聞いてきましたが、非常に優秀で可能性に溢れた方がたくさんいらっしゃいました。一方で、その可能性に気が付いていない、または、広い可能性をあまり見ないようにしている方もいらっしゃいました。こういうイベントを通じて、ご活躍の幅が広がるきっかけになるといいですね。
是非、参加したい所ですが、ブラジル在住なので、参加できません。。
会計士といっても、今は監査だけにあらず、数値で物事を読める強みは、事業会社・コンサルやCFO職でも活きてきます。

また、数値は世界共通なので、この点に強みを持っていることは、海外で仕事する上でも有利になり得ます。
西村さんが参加するなら参加しようかなぁ…
あっ、一応公認会計士の資格持ってます^_^

少なくとも海外では複式簿記とCFを理解出来ていないと決済システムのフレームワークは理解出来ないです。
会計士の業務内容を詳細に見れば、(すべて)不要になる、はおかしい

会計士の業務は、大きく3つあり
1) 帳簿などの突合により、財務数値の妥当性を判断
2) グレーゾーンの処理、会社の状況を適切に示すための処理を判断
3) CFOとの人的関係に基づく相談役

また、AIの特性に基づけば、過去の膨大なデータを手掛かりに、過去の傾向からの延長線上での解を導き出す

となれば、1)はAIにできても、2)の判断は難しいはず。なぜなら、会社を取り巻く状況は、個社により、置かれている経営環境により異なるから

とすると、AIに取って代わられる業務は、1)であり、会計士は2)に集中できる

また、3)対人コミュニケーションは、AIには現状無理だし、これからもしばらくは人間が優位なはず

となれば、コミュニケーション能力低く、思考力も低い会計士は淘汰されるけど、

コミュニケーション能力高く、思考力も高い会計士は、無駄な作業から解放され、思考により多くの時間を使えて嬉しいはず

しかも、前者の会計士をAIで代替できるため、報酬は、後者の会計士により集中し、優秀な会計士に富が集中し、それを目指してより質の高い会計士が市場に入ってくるという好循環が回るはず

と、現状、規制により完全な自由市場でなくなっているがゆえに発生している負の歪みが、AIによって適正化されるという見方もできるのでは
フィル・カンパニーのIPOはめちゃくちゃ特殊な点があると勝手に思ってるので、その辺の話を聞きに行きたいな。
とりあえず、会計士の独占業務たる会計監査から離れてしまった身としては、別に2.0とか言わなくても色んな働き方があると思ってます。