新着Pick
648Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
アクセンチュアは、常にこれまでの“アクセンチュア”から脱皮し、新しい“アクセンチュア”へと羽化することを繰り返してきた会社です。

変わり続けるアクセンチュアにおいて変わっていないこと、それは「企業変革の実現」こそが我々が提供すべき価値であるとする哲学です。

変わったことは、その企業変革を「三人称や二人称で語る」のみに留まらず、「一人称で共に叶える」ことを、より一層重視するようになった点です。

めまぐるしく変化する社会で、我々のクライアント自身が懸命に変わろうとしている今、コンサルティング会社が“コンサルティング会社”でよかった時代は確実に終わりつつあります。

「変わろうとするクライアントの変革」を「自分たちも進化しながら共に実現する」という、これ以上ないエキサイティングな環境に興味がある方は、ぜひともアクセンチュアの門を叩いてください。
人気 Picker
異業種参入、大量採用時代に雇用した50代の引退、グローバル、規制の緩和と強化。旧態依然とした印象が強い金融機関にも変化が押し寄せたといいます。この道16年、金融機関向けコンサルを手がけ続ける木原さんは、「今が最高に面白い」。

これまでは規制の対応など、比較的受動的な仕事が多かった中、現在、そして今後は能動的に動け、提案できる余地が広がっている、ということでしょう。規制産業ゆえに、テクノロジーを活用した変化の伸びしろも広い。

「これまでの銀行は待っていればそれでよかった。ただ、今後は当然違う。銀行自らが人の欲するコトやモノを提案し、結果的に金融商品を提供するようになる。矢印の向きが真逆になる」
今が一番面白いというのは、恐縮ですが同感です。
GSのようなテクノロジ部がある金融機関がこれから面白いと思っています。邦銀も三菱UFJやSBIを筆頭にただただ面白くなってきてるんじゃないかと思っています。

足元では派遣エンジニアだよりのシステム構築の限界=人月商売の終わりが人件費の高騰とかいう理由で見えてきてたり顧客へのチャネルが大きく変わるBaaS型のビジネスモデルの出現可能性が出てきたり、ま、文化的に今のままでは立ち行かないので変わっていかねばならないでしょう。特にユーザ系のSIerは今のままじゃ相対的に存在価値が低くなるのは避けられません。

しかし私のような若者にしてみればそのような環境の変化こそ最大のチャンス。来年からの生活にワクワクしています。
金融機関のシステム投資額はずっと多かったですが、これを3つの波で表現されるとわかりやすいですね